ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 組織で探す > 危機管理室 > 洪水避難時の心得

洪水避難時の心得

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月6日更新

避難時の心得 あせらず、あわてず、冷静に

日頃から避難に必要なものを整理しておくとともに、避難の手順について家庭で打合せをしておくと、いざというとき、あわてずに避難ができます。また、そのときはラジオや広報車などからの情報を確認し、ひとりで行動せず、必ず複数人で行動しましょう。

避難時の注意

避難時の注意箇所

避難場所までの路上には、いろいろな危険が潜んでいます。日頃から身の回りの様子を観察し、大雨のときに注意すべき場所を確認しておきましょう。

避難時の注意箇所

災害時の連絡手段

災害発生時に家族全員が一緒にいるとは限りません。事前に避難場所や連絡方法などを話し合っておきましょう。なお、災害発生時は、電話がつながりにくくなりますので、「災害用伝言ダイヤル」などを利用するようにしましょう。

災害時の連絡手段

非常持出品一覧

非常時の持出品