ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 上下水道 > 下水道 > 内水ハザードマップを作成しました

内水ハザードマップを作成しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月26日更新

内水ハザードマップとは

概要

近年、激しい雨が突然局地的に短時間で降る、いわゆる「ゲリラ豪雨」が多発し、市内各所で浸水被害が発生しています。このため、朝霞市では市民の皆さんに市内における水害に関する情報を提供し、事前の備えに役立てていただくことを目的に内水ハザードマップを作成しました。

表面には平成16年から平成25年までの過去10年間に台風や集中豪雨によって道路の冠水や建物への浸水が発生した区域及び平成26年6月25日に時間103ミリを記録した大雨によって浸水が発生した区域を浸水実績箇所として表してあります。
内水ハザードマップの表面の画像

また、裏面には浸水に対する備えや避難場所等の情報も掲載していますので、台風や大雨時に備えるための参考にしてください。

内水ハザードマップの裏面の画像

内水とは

河川の水を外水と呼ぶのに対し、大雨が降ったときに下水道や道路側溝などに排水できないで、地表面に溜まった水のことを言います。

注意事項

この内水ハザードマップは、過去の記録を基に作成したものであり、浸水箇所を予測するものではありません。地図に表示されている箇所以外の場所においても、雨の降り方や土地利用の変化により浸水する可能性があります。

また、下記のリンクより土砂災害危険箇所マップ及び洪水避難マップもご確認ください。

ダウンロード

表面のダウンロード [PDFファイル/2.73MB]

裏面のダウンロード [PDFファイル/991KB]

関連情報

洪水避難マップ

土砂災害危険箇所マップ(埼玉県公式ホームページにリンク)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)