ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 公共施設一覧 > ごみ処理施設 > 朝霞市クリーンセンターごみ焼却処理施設整備運営事業
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > ごみ・リサイクル > ごみ焼却施設建設事業 > 朝霞市クリーンセンターごみ焼却処理施設整備運営事業

朝霞市クリーンセンターごみ焼却処理施設整備運営事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月30日更新

主なお知らせ

新ごみ焼却施設の建設延期に関する説明会を開催します(開催日:平成29年7月22日)

建設延期に関する説明会を開催します。
詳細は下記リンク先をご覧ください。

【スケジュール変更】 平成30年度着工予定を3年間程度延期します

  これまで、平成30年度着工、平成34年度稼働開始を目指し、計画を進めていましたが、本市における新たな財政需要の大幅な増加に対処するため、今後計画されている事業を改めて見直した結果、ごみ焼却処理施設の着工時期を3年間程度延期することとしました。

 

これまでの主な経緯

業務区分

内容

備考

H2965全員協議会全員協議会において、新施設の建設延期を報告
H29417施設整備基本計画施設整備基本計画の策定完了
H29331生活環境影響調査生活環境影響調査書の策定完了
H29314生活環境影響調査生活環境影響調査書(案)に関する意見募集終了意見提出件数:0人(0件)
H2938施設整備基本計画施設整備基本計画(案)に関するパブリックコメント終了意見提出件数:3人(14件)
H29224検討委員会第7回ごみ焼却処理施設検討委員会を開催・発注方式について
・落札者決定基準について
H29218説明会施設整備基本計画(案)についての住民説明会を開催・会場 内間木公民館及び上内間木町内会館
・参加者 計19名
H29212説明会施設整備基本計画(案)についての住民説明会を開催・会場 中央公民館(コミュニティセンター)
・参加者 計8名
H2927施設整備基本計画施設整備基本計画(案)のパブリックコメントを実施パブリックコメント実施期間:平成29年2月7日~3月8日
H2923全員協議会全員協議会において、施設整備基本計画(案)を報告・朝霞市クリーンセンターごみ焼却処理施設整備基本計画(案)について
H2921生活環境影響調査生活環境影響調査書(案)の公告・縦覧を実施・調査書の縦覧期間:平成29年2月1日~2月28日
・意見書の提出期限:平成29年3月14日
H29131検討委員会第6回ごみ焼却処理施設検討委員会を開催

・発注方式について

・実施方針について

・特定事業の選定について

H29123廃棄物減量等推進審議会平成28年度第3回朝霞市廃棄物減量等推進審議会において、事業の検討経過を報告・朝霞市クリーンセンターごみ焼却処理施設整備基本計画(案)について
 
 

※なお、以下の掲載内容につきましては、スケジュール延期決定前のものです。

本事業について

 現在、朝霞市クリーンセンターでは、「ごみ焼却処理施設」「粗大ごみ処理施設」「あき缶資源化施設」「プラスチック類処理施設」の4施設が稼働しています。このうち、平成6年12月にしゅん工したごみ焼却処理施設につきましては、地元の皆さんのご協力のもと、市内より排出される燃やすごみの処理を行ってまいりました。平成22年度~26年度には、延命化対策工事を実施し、延命化を図っています。
 しかしながら、施設寿命にも限界があり、年々処理能力の低下が目立ってきています。一般的にごみ焼却処理施設の耐用年数は概ね25年から30年程度と言われており、現在の施設は平成33年度末で28年目となることから、平成33年度以降も安定したごみ処理を行うためには施設を建て替える必要があります。
 ごみ焼却処理施設の建設には7年から8年程度の期間を要すため、市では平成33年度末の新施設完成を目標に建て替え計画を進めています。

 このページでは、本計画に関する情報をお伝えしていきますので、市民の皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いします。

事業の概要

事業スケジュール

 平成27年度~29年度を計画策定期間として、施設整備基本計画の策定から建設事業者の選定までを順次進めていきます。その後、平成30年度に事務棟や計量器移設などの仮設工事と、新施設の建設予定地に建っている旧炉施設の解体・撤去工事を行い、平成31年度~33年度にかけて新施設の建設を行っていきます。
 

施設整備の基本方針

第5次朝霞市一般廃棄物処理基本計画の各施策に基づき、新施設の整備方針を次のとおり定めました。

  1. 安心・安全かつ適正に処理できる施設とする。

  2. 環境負荷の低減が可能な施設とする。

  3. 効率的な余熱利用が可能な施設とする。

  4. 災害発生時も安定したごみ処理ができる施設とする。

  5. 長期的な運転が可能であり、経済性に優れた施設とする。

  6. 環境学習機会の提供の場となる施設とする。

  また、これらの方針に基づき環境負荷の低減と経済性の両立を図るため、施設のエネルギー自立度を

極力高めることによりエネルギー消費量の収支をゼロとする「ゼロエネルギー施設」を目指します。

新焼却処理施設の仕様等

新施設について決定した事項は下記のとおりです。
事業計画名朝霞市クリーンセンターごみ焼却処理施設整備運営事業
建て替え用地休止中の70t/日焼却施設の解体跡地(クリーンセンター内)
事業期間計画期間  :平成27年度~平成29年度
建設工事期間:平成30年度~平成33年度
解体工事期間:平成34年度~
新施設の規模112t/日(通常分:99t+災害廃棄物処理分:13t) ※現施設は120t/日
ごみ処理方式全連続燃焼式ストーカ炉
炉数2炉
熱回収方式高効率ごみ発電
公害防止基準新施設の公害防止基準 [PDFファイル/353KB]
焼却対象ごみ

 (1)可燃ごみ
 (2)可燃チップ(粗大ごみと不燃ごみを破砕・選別したあとの可燃分)


新施設では、現施設で焼却している上記のごみに加え、新たに、リサイクルに回すことが

できない下記の汚れたプラスチック類も焼却対象といたします。
 (3)廃プラスチック(粗大ごみと不燃ごみを破砕・選別したあとのプラスチック分)
 (4)軟質プラスチック(ビニール、食品トレイなどの容器包装プラスチックのうち、

             汚れがありマテリアルリサイクルに回せないもの)
 (5)ビデオテープ

稼働開始平成34年4月
 

検討委員会の開催結果

朝霞市では、平成28年1月に「朝霞市ごみ焼却処理施設検討委員会」を設置し、現在、新施設に係る各種検討を進めているところです。
検討委員会開催内容
開催日議題
第7回平成29年2月24日(金曜日)

(1)発注方式について

(2)落札者決定基準について

第6回平成29年1月31日(火曜日)

(1)発注方式について

(2)実施方針について

(3)特定事業の選定について

第5回平成28年11月18日(金曜日)

(1)事業方式の検討について

(2)基本計画(案)とパブリックコメントの実施について

第4回平成28年10月28日(金曜日)

(1)現施設の取扱について   

(2)事業方式の検討について

(3)基本計画におけるパブリックコメントの実施について

第3回平成28年6月30日(木曜日)

(1)事業用地に係るプレヒアリング結果

(2)ダイオキシン類の公害防止基準

(3)全体計画

(4)現施設の扱い

第2回平成28年4月12日(火曜日)

(1)委員会スケジュール

(2)ごみ量及び人口推計値の検証

(3)汚れたプラスチック類等の焼却処理

(4)近隣市における公害防止条件と排ガス処理方式

(5)ごみ処理方式

(6)事業用地

(7)プレヒアリング

第1回平成28年2月16日(火曜日)

(1)朝霞市ごみ焼却処理施設更新及び運営事業の概要

(2)委員会スケジュール

(3)施設規模

(4)計画ごみ質

(5)ごみ処理方式

(6)公害防止条件

(7)事業用地

 

各種計画・調査

循環型社会形成推進地域計画

朝霞市クリーンセンターごみ焼却処理施設整備基本計画

生活環境影響調査書

<概要版>
<本編>

関連資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)