ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 感染症 > 市職員の新型コロナウイルスの感染事例

本文

市職員の新型コロナウイルスの感染事例

11月19日更新分

市職員(課税課勤務)の新型コロナウイルス感染に伴い、職員4人が濃厚接触者と判断されました。
4人の職員についてPCR検査を実施した結果、全員陰性が確認されました。
なお、4人の職員については2週間自宅待機としています。

 

11月16日感染事例の発生

令和2年11月16日(月曜日)、市役所本庁舎に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

陽性判明日

令和2年11月16日(月曜日)

 

勤務場所

朝霞市役所 本庁舎 2階 課税課

 

濃厚接触者

現在調査中です。

 

症状・経過

令和2年11月13日(金曜日)

【出勤あり】 症状なし 同居する家族が発熱

 

令和2年11月16日(月曜日):

【出勤なし】 症状なし PCR検査の結果、陽性と判明

※ 勤務時にはマスクを着用し、手指消毒を実施しています。

 

市の対応

・当該職員の所属フロアおよび共用エリア(給湯室、トイレ等)の消毒を実施しました。

・市庁舎では、感染防止策を徹底したうえで、通常通り業務を継続します。