ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報 > 報道発表資料 > 【記者発表資料】朝霞市溝沼池田橋付近に黒目川の水と緑の景観を望む「黒目川さくらテラス」がオープンしました!

本文

【記者発表資料】朝霞市溝沼池田橋付近に黒目川の水と緑の景観を望む「黒目川さくらテラス」がオープンしました!

日時

令和3年10月6日(水曜日)より開放

 

会場・開催地等

朝霞市大字溝沼地内(溝沼池田橋付近) 

 

主催者・関係者

設置者:株式会社林土木関東支店

 

事業内容等

黒目川の水と緑の景観を眺められる場所および周辺歩行者のための休憩施設として「黒目川さくらテラス」を設置し、本日開放しました。

この場所以外にも、島の上公園地内の「展望テラス」、市役所庁舎前の「花の池テラス」、シンボルロード中央広場の「みどりのテラス」が設置されています。

 

【設置場所について】

  朝霞市は、居心地がよく歩きたくなるまちなかを目指すウォーカブル推進都市に認定されており、黒目川は、朝霞市景観計画において景観重要公共施設に指定されています。

 当該地は、黒目川と周辺の桜並木や橋梁等が織りなす潤いある水と緑の景観を眺めることができ、景観まちづくりに関して非常に高いポテンシャルを有しております。また、周辺を散策する歩行者等が憩えるスポットとしても活用が見込まれるほか、部活動に励む学生などの活気にあふれる場所です。

 設置者より朝霞市のシンボルともいえる黒目川を眺められ、歩行者の憩いの場となる視点場及び休憩施設を設置したいとの相談があり、本事業を実施することとなりました。

 

【設置者等について】

設置者である株式会社林土木関東支店は、朝霞市景観条例に基づき、主体的に景観づくりに取り組もうとする市民や事業者が組織する「景観づくり団体」に認定されています。

本事業は、市の公募に応じて、景観づくり団体をはじめとする地域住民や事業者等が行う良好な景観の形成に資する事業に対し、財政的支援を行う「朝霞市景観形成補助金制度」を活用しております。

なお、交付した補助金については、一般財団法人民間都市開発推進機構から拠出を受けた資金を充てています。

 

予算・人員等

工事費(見積額) 3,069,000円(税込)

※景観づくり団体が行う良好な景観形成に資する事業として、朝霞市景観形成補助金より1,200,000円を交付予定。

 

問い合わせ

朝霞市 都市建設部 

まちづくり推進課 都市計画係 Tel048-463-2518(直通)

道路整備課    道路管理係 Tel048-463-0912(直通)

 

詳細は溝沼池田橋付近に「黒目川さくらテラス」がオープンしました!のページをご覧ください。