ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報 > 報道発表資料 > 【記者発表資料】「止まってくれて ありがとぽ!」 横断歩道一時停止啓発看板の寄贈式について

本文

【記者発表資料】「止まってくれて ありがとぽ!」 横断歩道一時停止啓発看板の寄贈式について

日時

令和2年9月16日 水曜日 午前10時15分頃

会場

都市計画道路観音通線(市道7号線)朝霞第八小学校付近

住所:朝霞市栄町5丁目1番10号付近

主催者

有限会社タイセック代表取締役社長 岡敏夫様から朝霞市へ

事業内容等

横断歩道を横断しようとしている歩行者がいる場合に車等に対して一時停止を啓発するための看板を、有限会社タイセック代表取締役社長の岡敏夫様が市へ寄贈してくださることに伴い、寄贈式を行うことになりました。

寄贈していただいた啓発看板30枚は、市内の小中学校の通学路のうち、信号のない交差点付近の電柱に設置します。なるべく、交通量が多く、横断する児童生徒が多い横断歩道を選定いたします。

●寄贈式について

有限会社タイセック代表取締役社長の岡敏夫様より、都市建設部長へ贈呈していただき、写真撮影を行ったうえ、その場で啓発看板を電柱に設置いたします。

●寄贈までの経緯

有限会社タイセック代表取締役社長の岡敏夫様が、日頃から、市内の通学路の信号のない横断歩道において、一時停止しない車が多いと感じており、子ども達のために何かできないかと考え、啓発看板について市に相談に来られました。相談の結果、市キャラクターぽぽたんを用い、止まってくれたことへの感謝の言葉を入れることになりました。30枚を製作のうえ、朝霞市に寄贈してくださいました。

●市から感謝のメッセージ

子どもたちへの想いのこもった看板を製作いただき、ありがとうございます。この心温まる看板は、子どもたちをはじめ、市民の皆さんの交通安全に役立つよう活用させていただきます。

●信号機のない横断歩道での一時停止率(参考)

1位 長野県 68・6%

2位 静岡県 52.8%

3位 兵庫県 43.2%

31位 埼玉県 11.6% ※全国平均 17.1%

 

出典:JAF(一般社団法人日本自動車連盟)『信号機のない横断歩道

での歩行者横断時における車の一時停止状況全国調査』2019

 

予算・人員等

啓発看板30枚 (無料で寄贈)

その他

・取材いただくことが可能です。車でお越しの際は、近隣の公共施設(朝霞市立図書館、朝霞市中央公園陸上競技場など)の駐車場をご利用ください。

・寄贈式の後、寄贈式の様子の写真を提供することも可能です。

写真

有(寄贈式後提供可能です。)

問い合わせ

朝霞市 都市建設部 まちづくり推進課 交通政策係

TEL048-463-1514(直通)