ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報 > 報道発表資料 > 【記者発表資料】令和元年度日米共同方面隊指揮所演習の実施に係る要請書の提出

本文

【記者発表資料】令和元年度日米共同方面隊指揮所演習の実施に係る要請書の提出

実施日時

令和元年11月29日(金曜日) 午後2時30分 から 午後2時40分 まで

会場・開催地等

北関東防衛局(さいたま市中央区さいたま新都心合同庁舎2号館)

主催者・関係者

富岡朝霞市長、松本和光市長、並木新座市長の連名

事業内容等

内容

  演習実施にあたり、防衛大臣及び北関東防衛局長に対して、朝霞市長、和光市長、新座市長の3市長連名による、「日米共同方面隊指揮所演習の実施に係る要請書」を提出した。

 

要請書要旨

朝霞駐屯地が所在する3市においては、市民の不安を解消する立場から、下記の事項について要請する。

(1)市民生活に影響がないように十分配慮願いたい。

(2)情報を適時提供し、市民等の問い合わせに迅速かつ的確に対応願いたい。

(3)緊急事案の対応策、緊急連絡先等の整備に配慮願いたい。

 

演習概要

(演習の詳細は、陸上自衛隊朝霞駐屯地指令業務室広報班 048-460-1711)

目的:陸上自衛隊及び米陸上部隊が、それぞれの指揮系統に従い、共同して作戦を実施する場合における方面隊の指揮幕僚活動を演練して、同活動に係る能力の維持及び向上を図る。

期間:令和元年12月3日(火曜日)~12月16日(月曜日)

場所:朝霞駐屯地、健軍駐屯地、キャンプ・コートニー等

演習実施部隊等:

【日本】

ア 統裁官   陸上幕僚長  陸将 湯浅 悟郎

イ 演習部隊長 東部方面総監 陸将 小野塚 貴之

西部方面総監 陸将 本松 敬史

ウ 実施部隊  陸上幕僚監部、陸上総隊、東部方面隊等 約5,000名

【米軍】

ア 統裁官   太平洋陸軍司令官 陸軍大将 ポール J.ラカメラ

イ 演習部隊長 第1軍団長    陸軍中将 ギャリー J.ヴォレスキー

ウ 実施部隊  太平洋陸軍司令部、在日米陸軍司令部、第1軍団等

約1,600名

エ その他   豪陸軍及び加陸軍から研修を受け入れ予定

問い合わせ

朝霞市市長公室政策企画課

Tel 048-463-1111 内線2312

048-463-3089(直通)