ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報 > 報道発表資料 > 【記者発表資料】JR武蔵野線北朝霞駅の発車メロディを期間限定で「彩夏祭」総踊り曲「集まれ!踊り人」の一部を使用した楽曲に変更します

本文

【記者発表資料】JR武蔵野線北朝霞駅の発車メロディを期間限定で「彩夏祭」総踊り曲「集まれ!踊り人」の一部を使用した楽曲に変更します

  

実施日時

令和元年7月4日(木曜日)初電から8月4日(日曜日)終電まで

会場・開催地等

JR武蔵野線北朝霞駅(朝霞市浜崎1-1-1)

1番線(上り・新座方面)及び2番線(下り・西浦和方面)

※楽曲は同じですが、1番線(上り)・2番線(下り)で異なる部分を使用します。

主催者・関係者

朝霞市民まつり実行委員会・朝霞市・東日本旅客鉄道株式会社大宮支社

目的・内容

内容

 朝霞市民まつり実行委員会では、JR東日本大宮支社及び朝霞市のご協力をいただき、第36回朝霞市民まつり「彩夏祭(さいかさい)」の開催に合わせて、JR武蔵野線北朝霞駅の発車メロディを期間限定で「彩夏祭」の総踊り曲である「集まれ!踊り人」の一部を使用した楽曲に変更します。

 JR北朝霞駅での発車メロディの変更は、「彩夏祭」に向けた雰囲気の盛り上げと、JR武蔵野線を利用して「彩夏祭」にご来場される方をお迎えすることを目的として実施するもので、昨年、一昨年と大変好評をいただいており、今年で3回目となります。

 当実行委員会では、これを機に、多くの方にJR北朝霞駅を利用して「彩夏祭」にお越しいただきたいと考えております。

「総踊り曲」

朝霞市民まつり「彩夏祭」のメインイベントである、よさこい鳴子踊りの祭典

「関八州よさこいフェスタ」において、その日の演舞のフィナーレに踊り子・観客・会場の皆さんで踊る曲です。

 「集まれ!踊り人」は、昭和44年に制定された「朝霞音頭」をアレンジした曲で、平成23年の第28回朝霞市民まつり「彩夏祭」の時に制作された楽曲です。

第36回朝霞市民まつり「彩夏祭」開催概要

【前夜祭】日時:8月2日(金曜日)午後3時~

会場:朝霞会場(朝霞駅南口駅前広場・朝霞駅東口駅前広場)

    北朝霞会場(北朝霞公園野球場)

【本  祭】日時:8月3日(土曜日)正午~ ・8月4日(日曜日)正午~

会場:朝霞会場(朝霞中央公園周辺、青葉台公園)

    北朝霞会場(北朝霞公園野球場・朝霞台駅南口会場)

※全国から94チーム、約6,000人が参加する本州で最古の鳴子踊り「関八州よさこいフェスタ」の演舞の競い合いは、とても見応えがあります。

【打ち上げ花火】日時/8月3日(土曜日)午後7時15分~8時15分(荒天時翌日順延)

打ち上げ数/約9,000発

会場/朝霞中央公園周辺 打上場所/キャンプ朝霞跡地

有料観覧場所/朝霞中央公園陸上競技場

予算・人員等

発車メロディ切替費用:248,400円(税込)

その他

朝霞市民まつり実行委員会(実行委員長:松井 弘)は、朝霞市コミュニティ協議会加盟団体(30団体)から推薦された方を中心に約80名で構成され、まつり開催に向けて、昨年の11月から準備を進めています。

問い合わせ

朝霞市民まつり実行委員会事務局(朝霞市役所市民環境部地域づくり支援課内)

Tel048-463-2645(直通) 担当:西内