ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報 > 報道発表資料 > 【記者発表資料】東電タウンプランニング株式会社と地域貢献型広告に関する協定を締結します

本文

【記者発表資料】東電タウンプランニング株式会社と地域貢献型広告に関する協定を締結します

  

実施日時

平成31年4月24日(水曜日)午後3時00分~ (約30分間)

会場・開催地等

朝霞市役所 別館3階 市長公室

主催者・関係者

朝霞市と東電タウンプランニング株式会社 埼玉総支社

内容

「地域貢献型広告に関する協定」を締結します。

名称

地域貢献型広告に関する協定

概要

 電柱広告を掲載する際に事業者の協力を得て、広告の一部のスペースを地域貢献として市が防災やシティ・プロモーションなどに関する内容を掲載できるようになる。

 広告掲載料は、事業者の負担であるが、地域貢献によるイメージアップに繋がる。市は金銭負担なく避難場所や想定浸水深などの防災情報のほか、シティ・プロモーション等にも幅広く活用する。

締結者

・朝霞市長 富岡勝則 (とみおか かつのり)

・東電タウンプランニング株式会社 埼玉総支社

 総支社長 尾島勇(おじま いさむ)

締結式の概要

 事務局から本協定の趣旨説明を行い、市長並びに総支社長がそれぞれ協定書に署名し、記念撮影及び両者の挨拶を予定しています。

予算・人員

地域づくり支援課職員2名を配置

その他

出席者:朝霞市(市長、市長公室長、危機管理監、副審議監、他)6名

    東電TP(総支社長、広報部長、地域渉外担当部長)

その他、東京電力パワーグリット(株)志木支社長等の同席があります。

問い合わせ

朝霞市 危機管理室 Tel048‐463-1788(直通)