ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 福祉 > 障害者福祉 > 平成31年1月1日から重度心身障害者医療費支給制度に所得制限を設けます

本文

平成31年1月1日から重度心身障害者医療費支給制度に所得制限を設けます

平成31年1月1日から重度心身障害者医療費支給制度に所得制限を設けます

所得制限の対象者

平成31年1月1日以降に、新規で重度心身障害者医療費の資格登録申請をした方を対象に、所得制限を設けます。

※平成30年12月31日までに受給資格のある方は、令和4年10月から、所得制限の対象となります。

重度心身障害者医療費支給制度について

内容

前年の所得から、各種控除を引いた金額が所得制限基準額を超えた場合、その年の10月1日から翌年9月30日までの医療費については、医療費助成を行いません。

※所得は、重度心身障害者本人の所得です(未成年も同様に本人所得)。

所得の範囲

非課税所得を除くすべての所得。

(障害年金・遺族年金・公務扶助料・生活保護金品・福祉金品・通勤手当等の非課税所得については、所得の範囲に含まれません。)

控除できる額

雑損控除・医療費控除・社会保険料相当額・小規模企業共済掛金控除・障害者控除・寡婦(寡夫)控除・勤労学生控除・配偶者特別控除等。

所得制限基準額

 
扶養親族の数 所得制限基準額 給与収入換算額
0人 3,604,000円 5,180,000円
1人 3,984,000円 5,656,000円
2人 4,364,000円 6,132,000円
3人 4,744,000円 6,604,000円
4人 5,124,000円 7,027,000円
5人 5,504,000円 7,449,000円
6人目以降 1人増すごとに、所得制限基準額に38万円を加算

※扶養親族が同一生計配偶者(70歳以上)もしくは老人扶養親族の場合は、1人につき10万円をさらに加算。

※特定扶養親族(19歳以上23歳未満)または控除対象扶養親族(16歳以上19歳未満)の場合は、1人につき25万円をさらに加算。