ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 福祉 > 障害者福祉 > 就学前の児童発達支援等が無償化されます

本文

就学前の児童発達支援等が無償化されます

2019年10月1日から3歳~5歳の児童発達支援等の利用者負担が無償化されます

就学前の障害児を支援するため、下記のサービスについては、対象者の利用者負担が無償化されます。

無償化にあたり、新たな手続きは必要ありません。ご利用の障害児サービス事業所との間で、年齢を伝えるなどして無償化対象であることを事前にご確認ください。

無償化の対象となるサービス

  • 児童発達支援
  • 医療型児童発達支援
  • 居宅訪問型児童発達支援
  • 保育所等訪問支援
  • 福祉型障害児入所施設
  • 医療型障害児入所施設

対象期間および対象児童

無償化の対象となる期間は、「満3歳になって初めての4月1日から3年間」です。

無償化の対象時期と対象者
時期 対象者

2019年10月1日から2020年3月31日

誕生日が2013年4月2日から2016年4月1日までの障害児通所給付費の支給決定を受けている児童

2020年4月1日から2021年3月31日

誕生日が2014年4月2日から2017年4月1日までの障害児通所給付費の支給決定を受けている児童

注意

利用者負担額以外の費用(医療費や食費等、現在実費で負担しているもの)は、無償化の対象外となりますので、引き続きお支払いいただくことになります。負担いただく費用の内容については、利用している各施設にご確認ください。

幼稚園、保育園等と上記サービスの両方を利用する場合は、両方とも無償化の対象となります。

就学前の児童発達支援等の利用者負担無償化について [PDFファイル/472KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)