ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市政情報課 > 朝霞市ウェブアクセシビリティ方針

本文

朝霞市ウェブアクセシビリティ方針

 朝霞市ホームページは、日本工業規格JIS X 8341-3「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス―第3部:ウェブコンテンツ」(以下「JIS X 8341-3」という。)に対応することを目標とし、下記のとおりウェブアクセシビリティ方針を策定しました。

 1 対象範囲

  埼玉県朝霞市公式ホームページ(http://www.city.asaka.lg.jp/)ドメイン以下においてCMS管理下にあるウェブページ(ただし例外事項を除く)

 2 目標を達成する期限及び等級

 平成26年3月31日までに等級「A」準拠

 平成27年3月31日までに等級「AA」準拠

JIS X 8341-3:2010に基づく試験結果を行い現状を把握した結果、目標とする達成等級・達成基準を設定しています。

「JIS X 8341-3:2010に基づく試験結果」についてはこちらをご覧ください。

達成等級とは・・・アクセシビリティ対応の程度を示したものです。達成等級には、等級A、等級AA、等級AAAの3段階があります。等級Aは最低限達成するべきレベルと位置付けられています。

 3 例外事項

  サイト全体のうち、以下については対象外とします。
   ・ 外部から提供されたサービス及び付随するウェブページ(Googleマップ等)
   ・ pdfファイル(現状ではすべてのpdfファイルへのウェブアクセシビリティの対応は情報量および技術的な観点から困難なため含めませんが、その内容については代替手段としてメールや電話によるご説明の手段を提供します。)

4 読めない、使えない、使いにくいと感じた場合は

朝霞市公式ホームページを利用した際、もしも情報が得られなかったり、操作ができなかったりした場合はお知らせください。また、ホームページへのご意見・ご要望もぜひお寄せください。

5 用語の説明

ウェブアクセシビリティ

ホームページ等を利用しているすべての人が、心身の条件や利用する環境に関係なくホームページ等で提供されている情報や機能に支障なくアクセスし、利用できること。

日本工業規格JIS X 8341-3:2010

2010年8月20日に改正されたウェブアクセシビリティに関する日本工業規格(JIS)。正式名称は、JIS X 8341-3:2010『高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第三部:ウェブコンテンツ』。