ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 教育・文化 > 文化財 > 市内で土木・建築工事を計画されているみなさまへ(埋蔵文化財に関して)
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 開発 > 発掘・届出 > 市内で土木・建築工事を計画されているみなさまへ(埋蔵文化財に関して)

本文

市内で土木・建築工事を計画されているみなさまへ(埋蔵文化財に関して)

市内包蔵地から検出された遺物  市内包蔵地から検出された遺構 

市内包蔵地から検出された遺物、遺構

 埋蔵文化財を包蔵する土地(以下埋蔵文化財包蔵地)の範囲内で、土木工事等を行う場合、文化財保護法の適用を受け、所定の手続きが必要となります。工事予定地が埋蔵文化財包蔵地に該当しているか、事前に必ず確認を行ってください。 

※土木工事:掘削を伴う工事、盛土、舗装、工作物の設置、道路や堤防、墓地など恒久的に埋蔵文化財と人との関係が絶たれてしまう構造物の設置などをさします。

※埋蔵文化財確認調査のながれ等については、下記PDFファイルをご確認ください。

朝霞市における埋蔵文化財確認調査のながれ [PDFファイル/57KB]

朝霞市埋蔵文化財確認調査等取り扱い基準 [PDFファイル/95KB]
 

埋蔵文化財包蔵地の照会について

 朝霞市では、埋蔵文化財包蔵地について、遺跡分布地図および遺跡台帳という形で管理しています。各遺跡の名前や範囲については、文化財課窓口(朝霞市博物館内)までお問い合わせください。電話・Fax・電子メールでも対応しています。

※Fax・電子メールにてお問い合わせの場合、返信先(または連絡先)・住居表示・地番表示をご記入いただき、案内図等(場所の詳細がわかる資料)を添付してください。

                          
          お問い合わせ

                           朝霞市教育委員会 生涯学習部 文化財課

                           埼玉県朝霞市岡2-7-22 (朝霞市博物館内)

                           電話番号 048-463-2927

                           Fax 番号   048-468-0079

※電子メールでのお問い合わせについては、ページ下部のリンク “メールでのお問い合わせはこちら” よりお願いします。     

※毎週月曜日(祝日は除く)、祝日の翌日(土・日・祝日は除く)、年末年始は業務はお休みです。

 
  包蔵地に該当していた場合の手続きには、現地調査を伴うため時間を要します。工事の計画等に支障を来たすおそれがありますので、早めに確認を行ってください。

※確認をせずに施工計画を進めてしまい、着工後に遺跡の存在が明らかになった場合は、工事を中断し発掘調査を行う場合があります。(文化財保護法第96条)

 包蔵地外であれば、工事着手に関して支障はありませんが、施工中に遺物、遺構を発見された際には、出土した状況を変更することなく、すみやかに文化財課までご連絡ください。(文化財保護法の適用を受けることになります。)
 

計画地が遺跡に該当していた方へ

 土木・建築工事計画地が遺跡に該当していた方は、工事着工前に所定の書類手続および現地調査が必要になります。詳細については下記リンクをご覧ください。 

 土木・建築工事計画地が遺跡に該当していた方へ(試掘調査に関する手続きについて)

※埼玉県の届出等についての詳細は、下記リンクから埼玉県教育委員会の文化財公式ページを参考としてご覧ください。

 埼玉県教育委員会のホームページへのリンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)