ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 相談 > DV相談 > 【特別定額給付金】配偶者からの暴力を理由に避難している方へ→お早めにご相談ください!

本文

【特別定額給付金】配偶者からの暴力を理由に避難している方へ→お早めにご相談ください!

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前から朝霞市に居住しているものの住民票を移すことができない方は、ご本人が特別定額給付金を受け取るために、以下の内容にて申出が必要となります。

特別定額給付金に関するお知らせ [PDFファイル/459KB]

申出方法

対象要件

以下の1から3のいずれかに該当する方

 1 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けている。

 2 婦人相談所の「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、朝霞市配偶者暴力相談支援センターが発行する「特別定額給付金用配偶者暴力被害申出受理確認書」が発行されている。

 3 令和2年4月28日以降に住民票が朝霞市に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっている。

申出期間

4月30日(木曜日)の事前申出期間は過ぎておりますが、その後もお受けしております。

手続きの内容

緊急事態宣言の期間中であるため、「郵送での申出」を推奨しています。

「特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」(以下「申出書」という。)と「添付書類」を同封のうえ、下記の宛先まで郵送してください。

特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書

申出書 [PDFファイル/83KB]

添付書類

A:本人確認・居住地確認書類

・有効期限内の運転免許証やマイナンバーカード、国民健康保険証などの本人確認証

・賃貸借契約書(写)や公共料金領収書(写)、郵便物など居住地が特定できる書類

B:配偶者による暴力被害を確認できる書類

下記のいずれかを添付してください。

 ・保護命令決定書の謄本または正本の写し

 ・婦人相談所、配偶者暴力相談支援センターが発行する確認書

郵送先

〒351-0011 朝霞市本町1-1-1 朝霞市役所

           特別定額給付金プロジェクトチーム 宛

郵送が難しい場合の受付窓口

申出書は、このページのほか、婦人相談所や総務省ホームページ、下記の受付窓口でも入手できます。

 1 朝霞市役所特別定額給付金相談窓口 朝霞市本町1-1-1

 2 朝霞市女性センター(それいゆぷらざ)  朝霞市青葉台1-7-1 中央公民館・コミュニティセンター内

4月28日以降に朝霞市に住民票を移した方へ

令和2年4月28日以降に朝霞市に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けている方は、その旨を申し出れば市で確認できるため、添付書類のBは必要ありません。

その他

 ・申出書に基づき、住民登録のある市区町村へ連絡しますが、申出書に記入された住所(居所)の情報は知らせません。

 ・特別定額給付金の申請手続きは、この申出手続きとは別に行う必要があります。

 ・このページに記載のない、詳細なご相談が必要な場合は、特別定額給付金相談窓口(0120-638-142)までお問合せください。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)