ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 交通 > 道路 > テイクアウトやテラス営業などのための道路占用許可基準を緩和します(再延長)

本文

テイクアウトやテラス営業などのための道路占用許可基準を緩和します(再延長)

朝霞市における「新型コロナウィルス感染症の影響に対応するための沿道飲食店等の路上利用に伴う道路占用」の取り扱いについて

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止を目的とした、沿道飲食店等のテイクアウト販売やテラスにおける飲食提供等のための仮設の施設を路上に設置することについて、以下の要件を満たす場合においては条件付きで許可いたします。
(運用期間を令和4年3月31日まで再延長します。)

要件

(1)占用主体

 沿道飲食店等の路上利用に伴う占用は、以下のいずれかの者が一括して占用することとし、個別の店舗ごとの申請は認めない。

  ア 地方公共団体または道路協力団体

  イ 地方公共団体を含む地域住民・団体等の関係者からなる協議会等

  ウ 都市再生推進法人または地域再生推進法人等

  エ 地方公共団体が支援する沿道飲食店等の路上利用(地方公共団体が支援する理由及び内容並びに当該路上利用に係る占用の許可に関する意見を占用許可の申請書に付しているもの)の実施主体(商店街振興組合、商工会等を含む。)

(2)占用の期間

  令和4年3月31日まで

(3)占用の場所

  ア 道路の構造または道路交通に著しい支障を及ぼさない場所であること。

  イ 歩道上に沿道飲食店等の路上利用に伴う占用物件を設置する場合には、原則として、十分な歩行空間(交通量が多い(※)場所にあっては3.5m以上、その他の場所にあっては2m以上)を確保すること。ただし、曜日若しくは時間を限って実施する場合または交通規制を伴う場合で、歩行者の円滑な通行が確保できる場合については、この限りではない。

  ※ 交通量の多寡については、数量によるものではなく、地域の実情を踏まえ関係者と協議し総合的に判断すること。

  ウ 視覚障害者誘導用ブロックの周辺については、視覚障害者に配慮し、十分な歩行空間を確保すること。

(4)占用物件の構造

  道路の構造に支障を及ぼさないものであり、かつ、周辺の景観、美観等を妨げるものでないこと。

(5)道路維持への協力

  占用区域周辺の清掃や除草、植樹の剪定等の道路維持への協力が行われること。

占用許可条件

一般的な許可条件のほか、必要に応じて次に掲げる条件が付されます。

(1)迂回路や駐車場等の交通案内を行うこと。

(2)沿道飲食店等の路上利用により多数の来客が見込まれる場合は、十分な駐車場等を確保すること。

(3)沿道飲食店等の路上利用の終了後は、道路の清掃を行い、原状回復すること。

(4)その他道路管理者が必要と認める事項。

 

占用料

朝霞市道路占用料徴収条例第4条第10号に該当するものとして免除いたします。

その他

※ 申請を検討される際は、適用対象となるか事前に下記担当までご相談ください。

※ 国道、県道につきましては、申請(問合せ)先が異なりますのでご注意ください。