ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 朝霞市の魅力 > イベント > イベント情報 > シンボルロードで「ちいさなテラス」開催します!
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 都市計画 > まちづくり > シンボルロードで「ちいさなテラス」開催します!

本文

シンボルロードで「ちいさなテラス」開催します!

 朝霞駅周辺の未来の日常を描く官民連携組織「あさかエリアデザイン会議」が、シンボルロードで実証実験として2回目の「ちいさなテラス」を開催します!

「ちいさなテラス」とは

 「ASAKA STREET TERRACE」をはじめとしたエリアのウォーカブルの推進とにぎわいを創出する試みの一つとして、4月に開催した「ちいさなテラス」の第2弾となります。

 初夏のさわやかな空気と豊かな緑の中でピラティスで体を整え、コーヒーや焼き菓子などを楽しんでいただくとともに、ドライフラワーのワークショップやシンボルロードの緑を活用したオリジナルの演出空間での写真撮影企画により、新しい朝霞の日常を思い描いていただく「ちいさな」イベントです。

 こうした「ちいさな」イベントを日常的に実施していくことで、取り組みの意図や背景を知っていただくとともに人と人とのつながりやコミュニティを形成し、「おおきな」イベントにつなげていきたいと考えています。ぜひ足を運んでみてください!

※ピラティスとは、体の深層部にあるインナーマッスルを強化し、体全体のバランスを整えることで、背筋が伸びた美しい姿勢やしなやかで自由自在に動く肉体など、理想的な体と健康に導いてくれるエクササイズのことです。

ちいさなテラス フライヤー 

都市建設部公式instagramでも紹介中!

  このイベントのことを、都市建設部公式instagramで紹介しております。ぜひご覧ください!都市建設部公式instagram QRコード

 

開催日時・スケジュール

 令和4年5月29日(日曜日) 

 ※イベントは、コーヒー等が無くなり次第、終了予定
 ※下記の時間は、目安ですのでご了承ください

ピラティス (講師:MOMOKO氏)

  初夏のさわやかな空気と緑の中で身体を整える企画です。

  

    7時10分~  受付

    7時30分~  ピラティス 開始(50分間)
            ※要予約 1,000円/人(定員20名)
            ※ご予約につきましては、講師のinstagramをご覧ください。

    8時30分~  ミニストレッチタイム(15分間)
            ※当日参加可(定員なし)

 

  ピラティスの詳細やご予約は、MOMOKO氏のinstagramをご覧ください。

コーヒー等 (販売:豆と野菜、素朴な素材

  おいしいコーヒーと焼き菓子などを販売します。

 

    9時00分~  コーヒーと焼き菓子等 販売開始

 

  コーヒー等の販売の詳細は、豆と野菜さんのinstagram素朴な素材さんのinstagramをご覧ください。

お花のワークショップ (出店:yyflower) ※ドライフラワーを使ったスワッグづくり

  ドライフラワーを使ったスワッグづくりのワークショップです。

 

    8時30分~  受付開始

    9時00分~  ワークショップ(1回目)

    9時30分~  ワークショップ(2回目)

   10時00分~  ワークショップ(3回目)

   10時30分~  ワークショップ(4回目)

 

  ※予約なし(当日参加のみ) 
  ※各回6席用意(2,000円)

  ワークショップの詳細は、yyflowerさんのinstagramをご覧ください。

よりみち写真館 (写真家:hibi_no_awa) 

  シンボルロードの緑を活用したオリジナルの演出空間での写真撮影企画です。

    8時30分~  受付開始

 

  ※撮影した写真は、その場で1枚プリントしてお渡しします。
   また、後日メールにてデータをお送りします。(2,000円)

  企画の詳細は、hibi_no_awaさんのinstagramをご覧ください。

開催場所

 シンボルロード(中央広場 木かげのトンネル付近~木立の小径)

 初夏の木漏れ日と豊かな緑の中で体を動かして、コーヒー・焼き菓子などや各種企画をお楽しみください!


 木かげのトンネルの紹介⇒シンボルロード中央広場に「木かげのトンネル」を設置しました!

エリアプラットフォーム『あさかエリアデザイン会議』

 朝霞駅周辺地区(南口)において、まちなかの諸課題の改善に取り組むため、官民の多様な人材が参画し、組織する官民連携組織(エリアプラットフォーム)です。

 あさかエリアデザイン会議では、コロナ化を経て、ニューノーマルに対応する手法として、屋内空間の「密」を避けてオープンエアの屋外空間を活用する具体策を実現していくモデルとするとともに、ウォーカブル空間の整備や商業活性化といった、まちなかの諸課題を解決する取組を大きく後押しし、エリア自体の魅力を高めていくため、公園や街路空間を軸に、官民で共有できる未来ビジョンの策定に向けて活動してします。

 あさかエリアデザイン会議の詳細⇒エリアプラットフォーム『あさかエリアデザイン会議』(官民連携まちなか再生推進事業)