ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

障害基礎年金額改定請求

 障害基礎年金は、障害認定日における障害の状態により、国民年金施行令別表に定める1級または2級の障害基礎年金が支給されます。
 しかし、傷病によっては、その後、障害の程度が重くなったり軽くなったりすることがありますので、年金額が障害の程度に応じて改定されます。

 障害基礎年金受給権者は、厚生労働大臣に対し、障害の程度が増進した事による請求ができます。
 障害基礎年金額改定請求は、障害基礎年金の受給権を取得した日または厚生労働大臣の診査を受けた日から起算して1年を経過した日後でなければ行うことができません。
 ※平成26年4月からは、省令に定められた障害の程度が増進した事が明らかである場合には、1年を待たずに請求することができるようになりました。

 障害基礎年金額改定請求に必要な書類は国民年金係にご確認ください。