ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 健康維持 > 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の交付
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の交付

本文

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の交付

海外への渡航のため、新型コロナウイルスワクチンの接種証明が必要な方に「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)」を交付しています。

※接種証明書を提示することにより、防疫措置の緩和等が認められる国や地域に渡航する場合に限って申請していただくようお願いいたします。

※日本への入国時の防疫措置については、厚生労働省の「水際対策に係る新たな措置について」でご確認ください。

※国内では、接種証明書がなくても、「接種済証(接種券)」または「接種記録書」で接種の事実を証明することができます。

申請を要する方

接種証明書は、当分の間、次の2条件のいずれも当てはまる方を対象に交付します。

1.接種時に朝霞市民であって、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けたこと。

2.日本から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、接種証明書を必要とすること。

※接種証明書を提示することで入国時の防疫措置の緩和等がなされる国・地域については、外務省ホームページをご確認ください。

 

したがって、次のような方は対象になりません。

・海外渡航時の利用を目的としない方。

・国外等で接種を受けた方(日本の予防接種法に基づかない接種を受けた方)。

※外務省による海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方への証明書については、外務省までお問合せください。

注意事項

・接種証明書は、ワクチンを接種した時に居住していた市区町村で交付します。朝霞市に居住する以前にワクチンを接種していた場合は、ワクチン接種時に居住していた市区町村へ直接お問い合わせください。

・ワクチン接種の1回目と2回目で居住していた市区町村が異なる場合は、それぞれの市区町村へ申請してください。

・接種記録の確認などのため、交付まで時間を要する場合がありますので、日にち・時間の余裕をもって申請してください。

申請方法

(1)窓口での申請

次の書類をご準備いただき、朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種推進室に直接申請してください。また、代理の方が申請する場合は、委任状もあわせて提出してください。

<申請に必要な書類>

交付申請書 [PDFファイル/50KB]※窓口にもあります

接種済証(接種券)または接種記録書など※ワクチン接種の事実が確認できる書類【コピー可】

旅券(パスポート)※有効期限内のもの【コピー可】

・旅券(パスポート)に旧姓・別姓・別名が記載されている場合

 ⇒旧姓・別姓・別名が確認できる書類(旧姓等が併記された運転免許証、住民票の写しなど)【コピー可】

(2)郵便での申請

窓口での申請と同様の書類に、送料分の切手を貼った返信用封筒を添えて、朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種推進室へ提出してください。

※返信先は原則として申請者本人の住所となります。

 

【申請先】

  〒351-8501 朝霞市本町1-1-1  市役所別館5階501会議室・502会議室

  朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種推進室 宛

受付開始日

令和3年7月26日(月)

発行費用

当面の間、無料です。

お問い合わせ

(この記事についてのお問合せ)

新型コロナウイルスワクチン接種推進室

〒351-8501 埼玉県朝霞市本町1-1-1 市役所別館5階501会議室・502会議室

電話:048-451-5588

メール:coronavaccine@city.asaka.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)