ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 医療費助成 > 朝霞市早期不妊検査・不育症検査、早期不妊治療助成事業

本文

朝霞市早期不妊検査・不育症検査、早期不妊治療助成事業

朝霞市では、不妊検査、不育症検査及び不妊治療を受けた方を対象に、その費用の全部または一部を助成します。

早期不妊検査費・不育症検査費助成

対象となる方

次のいずれも該当している方が対象となります。

・申請時に法律上の婚姻をしているご夫婦であって、双方または一方が朝霞市内に住民登録がある方

・検査の開始時の妻の年齢が43歳未満であるご夫婦

対象となる検査

(1)早期不妊検査

次のいずれも該当している検査が対象となります。

・指定医療機関(※1)及び助成対象医療機関(※2)において実施した、不妊症の診断のために医師が必要と認めた一連の検査

 ただし、指定医療機関と連携した医療機関(泌尿器科)が実施した検査も対象となります。

・ご夫婦が共に受けた不妊検査で、夫または妻の検査開始日のうち、どちらか早い日から1年以内の検査

(2)不育症検査

※不育症とは・・・妊娠はするけれど、2回以上の流産・死産もしくは早期新生児死亡によって児が得られないことを言います。不育症のリスク因子はさまざまですが、適切な検査・治療が行われれば、高い確率で赤ちゃんを授かることができます。

次のいずれも該当している検査が対象となります。

・指定医療機関及び助成対象医療機関において実施した、不育症のリスク因子の診断のために医師が必要と認めた一連の検査

・ご夫婦が共に受けた不育症検査で、夫または妻の検査開始日のうち、どちらか早い日から1年以内の検査または妻のみが受けた不育症検査で、検査開始日から1年以内の検査

※1指定医療機関=特定不妊治療費助成事業で知事等が指定する医療機関

 ・埼玉県内指定医療機関一覧は埼玉県ホームページをご確認ください。

 ・全国の指定医療機関一覧は厚生労働省ホームページをご確認ください。

※2助成対象医療機関=助成対象となる不妊検査または不育症検査を行う医療機関で、県ホームページで公表する不妊検査・不育症検査助成対象医療機関

 ・助成対象医療機関一覧は埼玉県ホームページをご確認ください。

ただし、上記に該当する検査であっても、特定不妊治療の一環として受ける検査及び埼玉県内他市町村で同様の助成金を受けた検査は対象となりません。

助成額及び回数

対象となる検査の費用に対して2万円(千円未満切り捨て)を上限に助成します。

早期不妊検査及び不育症検査それぞれにつき、ご夫婦1組1回までです。

提出書類

1 朝霞市早期不妊検査費・不育症検査費助成申請書(様式第1号)

2 朝霞市早期不妊検査実施証明書(様式第2号)・・・早期不妊検査の場合

※連携した医療機関が実施した検査に関しては、指定医療機関が記入

  朝霞市不育症検査実施証明書(様式第3号)・・・不育症検査の場合

3 検査費領収書(原本)

4 住民票(原本)・・・発行から3か月以内の世帯全員及び続柄記載のもの

※個人番号(マイナンバー)の記載のないもの

※夫婦が別世帯の場合はそれぞれの住民票が必要です。それぞれの住民票で婚姻関係を確認できない場合は、住民票とあわせて戸籍謄本が必要となります。

5 振込を希望する銀行口座(ご夫婦いずれかのご名義)の通帳等の写し

※口座名義、口座番号、店番号の記載がある部分の写し

申請期限

「検査が終了した日の属する年度」または「検査開始日から1年を経過した日の属する年度」のいずれか早い年度の末日(土日祝日にかかる場合は、前平日)までに申請してください。

※「検査が終了した日」または「検査開始日から1年を経過した日」のいずれか早い日が2月1日~3月31日までの間に属する場合に限り、翌年度5月31日(土日祝日にかかる場合は、前平日)まで申請を受け付けます。

申請書等の様式(ダウンロード)

朝霞市早期不妊検査費・不育症検査費助成申請書(様式第1号) [Wordファイル/58KB]

朝霞市早期不妊検査費・不育症検査費助成申請書(様式第1号) [PDFファイル/114KB]

朝霞市早期不妊検査実施証明書(様式第2号) [Wordファイル/59KB]

朝霞市早期不妊検査実施証明書(様式第2号) [PDFファイル/120KB]

朝霞市不育症検査実施証明書(様式第3号) [Wordファイル/47KB]

朝霞市不育症検査実施証明書(様式第3号) [PDFファイル/115KB]

早期不妊治療助成

対象となる方

次のいずれも該当している方が対象となります。

・申請時に法律上の婚姻をしているご夫婦であって、双方または一方が朝霞市内に住民登録がある方

・埼玉県不妊治療費助成事業等の初回助成に係る、治療開始時の妻の年齢が35歳未満であるご夫婦

対象となる治療

申請を行う年度に埼玉県不妊治療費助成事業等の初回助成の対象(ただし、埼玉県不妊治療費助成事業実施要綱別表1のC及びF並びに県内の指定都市等実施要綱別表1のC及びFの治療を除く。)となったもの

助成額及び回数

対象となる治療の費用から、埼玉県特定不妊治療費助成事業等で受ける金額を除いた額に対して、10万円(千円未満切り捨て)を上限に助成します。

ご夫婦1組につき1回までです。

提出書類

1 朝霞市早期不妊治療費助成事業申請書(様式第1号)

2 埼玉県(県内指定都市等)不妊治療費助成事業支給決定通知書(以下「決定通知書」という。)の写し

3 埼玉県(県内指定都市等)不妊治療費助成事業不妊治療実施証明書の写し

4 治療費領収書(原本)

5 住民票(原本)・・・発行から3か月以内の世帯全員及び続柄記載のもの

※個人番号(マイナンバー)の記載のないもの

※夫婦が別世帯の場合はそれぞれの住民票が必要です。それぞれの住民票で婚姻関係を確認できない場合は、住民票とあわせて戸籍謄本が必要となります。

6 振込を希望する銀行口座(ご夫婦いずれかのご名義)の通帳等の写し

※口座名義、口座番号、店番号の記載がある部分の写し

申請期限

「治療が終了した日の属する年度の末日」と「決定通知書による助成決定日から60日を経過した日」のいずれか遅い日(土日祝日にかかる場合は、前平日)までに申請してください。

申請書の様式(ダウンロード)

早期不妊治療費助成事業申請書(様式第1号) [Wordファイル/18KB]

早期不妊治療費助成事業申請書(様式第1号) [PDFファイル/117KB]

不妊で悩んだら

■埼玉県不妊専門相談センター・・・不妊や不育症に関する医学的・専門的な相談に医師が面談形式でお応えします。

〈場所〉埼玉医科大学総合医療センター内(川越市)

〈予約電話番号〉049-228-3674 毎週月~金曜日 午後2時~4時半

〈面談日時〉毎週火・金曜日 午後4時~5時半

■不妊・不育症・妊娠に関する電話相談・・・(一社)埼玉県助産師会に所属する助産師がお話を聞きます。

〈電話番号〉048-799-3613

〈相談日時〉毎週月・金曜日 午前10時~午後3時

      第1・3土曜日  午前11時~午後3時、午後4時~7時

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)