ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 健康維持 > 【5歳~11歳】新型コロナワクチン接種のお知らせ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 感染症 > 【5歳~11歳】新型コロナワクチン接種のお知らせ

本文

【5歳~11歳】新型コロナワクチン接種のお知らせ

5歳から11歳の小児の方を対象とした新型コロナワクチン接種に関する計画は、国の方針に基づいたものです。今後、国の方針等に変更があった場合には、適宜計画を見直していきます。

5歳から11歳のお子様も、3回目接種が受けられるようになりました。

子どもの感染者数の増加とともに、重症者数も増加傾向にあります。初回接種(1・2回目)後、時間経過とともに発症予防効果が低下しますが、追加接種(3回目)により効果が回復すると報告されています。

※5歳から11歳の新型コロナワクチン接種は、臨床試験等から有効性や安全性が確認され、努力義務が適用されていますが、強制ではありません。メリット(発症予防等)とデメリット(副反応等)を理解したうえで、「接種する」「接種しない」を決めてください。

※2回目の接種から既に5か月経過しているために、接種券をご希望の方は、サポート窓口(048-451-5588)へお電話ください。

 

目次

 接種の概要

 接種券発送スケジュール

 接種までの流れ

 接種場所

 住所地以外での接種

 予約

 接種券の再発行

 ワクチンの効果

 ワクチンの安全性・副反応

 健康被害救済制度

 ワクチンの有効期限

 いじめ、差別の防止

 関連情報

 お問い合わせ

 

 接種の概要

接種対象者

市内在住の5歳から11歳までの方(5歳の誕生日の前日から12歳の誕生日の前々日までの方)

 

接種費用

無料(全額公費での接種)

※接種前後の診療等については、通常の診療として自己負担が生じる場合があります。

使用するワクチン

小児用ファイザー社製(12歳以上用のワクチンと製剤・希釈方法・接種量が異なる)

新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社5歳~11歳用)添付文書 [PDFファイル/309KB]

※11歳で1回目接種を受けた方で、2回目接種時に12歳を迎えた場合、2回目接種にも「5歳から11歳用(小児用)」のワクチンを使用し、3回目から、大人用ワクチンを使用します。

接種回数・間隔

初回接種:2回(1・2回目)

1回目接種から3週間後に2回目を接種

 例:1回目を4月1日に接種の場合→2回目は4月22日以降に接種

※1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受けなおす必要はありません。できるだけ速やかに2回目接種を受けていただくことが勧められています。

追加接種:1回(3回目)

2回目の接種から、5か月以上経過後に3回目を接種

 例:2回目を4月22日に接種の場合→3回目は9月22日以降に接種

参考情報

新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ)

ファイザー社の新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)

新型コロナワクチン接種を検討されている5歳以上のお子さまの保護者の方へ(ファイザー社) [PDFファイル/2.4MB]

新型コロナワクチンコミナティを接種されるお子さまと保護者の方へ(ファイザー社) [PDFファイル/8.15MB]

5歳から11歳のお子様と保護者の方へ 新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(厚生労働省) [PDFファイル/3.73MB]

接種後の注意点(5~11歳のお子様と保護者用)(厚生労働省) [PDFファイル/1.03MB]

新型コロナウイルスワクチンの特例承認について(厚生労働省) [PDFファイル/609KB]

新型コロナウイルスワクチン接種に関する、小児の基礎疾患の考え方および接種にあたり考慮すべき小児の基礎疾患等(日本小児科学会)

5~11歳小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方(日本小児科学会 予防接種・感染症対策委員会) [PDFファイル/203KB]

 接種券発送スケジュール

1・2回目については、5歳から11歳までのすべての対象者の方へ接種券を発送しました。なお、これから5歳を迎える方は、年齢到達後に発送します。

3回目については、令和4年4月30日までに2回目の接種を終えた方へ、令和4年9月20日~30日頃までに届くよう、発送する予定です。以降は、接種時期に合わせて送付します。

ワクチン接種を受けるには事前予約が必要です。予約に関する詳細は、 「新型コロナワクチン接種の予約」 のページをご覧ください。

 接種までの流れ

(1)市から「接種券」や「予診票」など、接種に必要な書類が住所地に届く。

<1・2回目の封入書類>

1.接種券(サンプル)(1・2回目) [PDFファイル/301KB]

2.予診票(2枚)

3.5歳から11歳の方への新型コロナワクチン接種のお知らせ [PDFファイル/366KB]

4.5歳から11歳のお子様へ新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(厚生労働省) [PDFファイル/975KB]

5.新型コロナウイルスワクチン小児(5歳~11歳)接種医療機関一覧・予約方法 [PDFファイル/145KB]

6.<5~11歳のお子様の保護者の方へ>新型コロナワクチン予防接種についての説明書(小児(5歳~11歳)接種用) [PDFファイル/1.02MB]

 

<3回目の封入書類>

1.接種券(サンプル)(3回目) [PDFファイル/459KB]

2.予診票→「1.」と一体型です。切り離さずにお持ちください。

3.5歳から11歳の方への新型コロナワクチン接種のお知らせ [PDFファイル/362KB]

4.5歳から11歳のお子様も、3回目接種が受けられるようになりました(厚生労働省) [PDFファイル/2.93MB]

5.新型コロナウイルスワクチン小児(5歳~11歳)接種医療機関一覧・予約方法 [PDFファイル/146KB]

6.<5~11 歳のお子様の保護者の方へ>新型コロナワクチン予防接種についての説明書(小児(5~11歳)追加(3回目)接種用) [PDFファイル/1.05MB]

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチン接種は強制ではありません。接種にあたっては、メリット(発症予防等)とデメリット(副反応等)を検討したうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り、自らの意思で接種を受けていただくものです。ただし、16歳未満の方の場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となり、保護者の同意なく接種が行われることはありません。

※慢性呼吸器疾患、先天性心疾患、重症化リスクの高い基礎疾患を有する子どもへの接種がお勧めされています。かかりつけ医とよく相談しながら接種を検討ください。

※疑問、不安等があれば、あらかじめかかりつけ医などに確認し、納得のうえで接種をご判断ください。 

(2)接種場所を決め、電話やインターネットで予約する。

接種場所は接種券同封書類や下記の「接種場所」でご確認ください。

(3)予約した接種場所で、新型コロナワクチン接種を受ける。

<当日の持ち物> ※接種当日は保護者の方の同伴が必要です

1.市から届いた追加接種に関する封筒の中身一式(接種券、予診票など)

2.本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証など)

3.母子健康手帳

※予診票は事前にご記入ください。

※予診票の「被接種者又は保護者自署」欄に、保護者の方が署名してください。

※お薬を内服中の場合は、「お薬手帳」をご持参ください。

注意事項

1.予約時間の厳守にご協力ください。

2.マスクの着用、肩を出しやすい服装にご協力ください。

3.予診票には、現在、何らかの病気にかかって、治療(投薬など)を受けている方については、医師に予防接種を受けてよいかの判断を仰ぐ項目があります。接種を受けるにあたっては、医師と事前にご相談ください。

4.明らかな発熱や体調が悪い場合などは、接種を控えてください。

5.やむを得ない理由により、接種予約日当日にキャンセル(または変更)を行う場合は、市の接種予約サイトやコールセンターでお手続きをするのに加え、接種される医療機関へお早めにご連絡ください。急なキャンセルはワクチンが無駄になる場合があるため、ご配慮ください。

6.新型コロナワクチンと他のワクチンとの接種間隔などについては、かかりつけ医にご相談ください。同時または前後2週間は、原則、インフルエンザ以外のワクチンを接種することはできません。

<接種場所での主な流れ(参考)>

1.受付(接種券・本人確認書類提示など)

2.予診票確認

3.問診(医師)

4.ワクチン接種(医師または看護師)

5.予防接種済証発行

6.経過観察(15分から30分程度)

 接種場所

原則として、住民票所在地の市町村(住所地)でワクチン接種を受けていただきます。

5歳から11歳の方への新型コロナワクチン実施医療機関一覧(令和4年9月6日現在)
No. 医療機関名 住所(朝霞市)
ファミリータイズクリニック 本町2-4-25 T-BLD朝霞5F
すぎたこどもクリニック 仲町1-2-32 あさかクリニックモール3F
TMGあさか医療センター 大字溝沼1340-1
ひるま小児科クリニック 根岸台7-4-10 クイーンキッズ101
ひろせこどもクリニック 西弁財2-6-34
増田耳鼻咽喉科医院 三原2-13-28
関医院 三原4-12-48
宮戸クリニック 朝志ヶ丘4-7-13
北朝霞・朝霞台えきまえSSこどもクリニック 浜崎1-2-10 アゴラ21ビル6F
10 あさくらクリニック 北原2-1-30

※接種回数は、医療機関によって異なるので、予約サイトで選択してください。

※実施医療機関は変更になる場合があります。

※5歳から11歳の方へのワクチン接種は、保護者の方の同伴が必要です。

 住所地以外での接種

国が示した特別な事情のある方は、住所地以外でワクチン接種を受けていただくことができます。

対象となる方や申請方法等の詳細は、住所地以外での新型コロナウイルスワクチン接種に関するお知らせをご確認ください。

 予約

ワクチン接種を受けるには事前予約が必要です。以下の方法で予約ができます。

※2回目の接種から既に5か月経過しているために、接種券をご希望の方は、サポート窓口(048-451-5588)へお電話ください。

(1)インターネット(Webサイトでの予約)

 下記のリンク先へアクセスして予約をしていただきます。

   朝霞市新型コロナワクチン接種予約サイト

※予約には接種券に記載されている接種券番号が必要です。

(2)電話予約(コールセンターまたは医療機関)

 ●朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

  (平日:午前8時30分~午後8時 土曜日、日曜日、祝日:午後5時まで)

 電話:050-2018-7955(※通話料がかかります) おかけ間違いにご注意ください。

※医療機関によって予約を直接受け付ける場合と、コールセンターから受け付ける場合があります。接種券に同封する書類でご確認ください。

注意事項(11歳のお子さまの保護者の方へ)

初回接種(1・2回目)について、11歳のうちに2回目の接種が完了するように、余裕をもって接種してください。1回目接種時に11歳だったお子さまが、2回目接種時に12歳を迎えた場合には、2回目接種にも5歳から11歳用のワクチンを使用します。

 接種券の再発行

接種券を何らかの事情により紛失、滅失、破損などした場合、住民票所在地の市町村が接種券の再発行を行います。

再発行の申請が必要な場合

・接種券を紛失、破損した場合

・接種券の発送後に住民票所在地が変更となった場合

・接種券が届かない場合

・「予診のみ」の券を2回使った場合

申請書類

 接種券再発行申請書 [Wordファイル/10KB]

 接種券再発行申請書 [PDFファイル/315KB]

申請方法

1.郵送申請

 「接種券再発行申請書」を記載し、返信用封筒を同封のうえ郵送してください。

2.窓口申請

 朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種推進室に「接種券再発行申請書」を提出してください。

 破損等した接種券があれば、併せて提出してください。

3.電話申請

 朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種推進室に電話し、接種券の再発行を依頼してください。

 ※提出された申請書類、電話で聞き取った内容に問題がなければ、接種券を交付します。

【申請先】

〒351-8501 朝霞市本町1-1-1

朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種推進室 宛

(電話)048-451-5588

 ワクチンの効果

新型コロナワクチンを受けると、体の中で新型コロナと戦う仕組み(免疫)ができます。ウイルスが体に入ってきた時に、すぐ戦える準備ができますので、新型コロナの症状が出にくくなるといわれています。

また、5歳から11歳における2回接種後7日以降の発症予防効果は、オミクロン株が流行する前のデータで90.7%と報告されています。

オミクロン株に対しては、米国での研究結果によると、ファイザー社ワクチンにおける感染予防効果は、5~11歳では2回接種後14~82日後で31%、12~15歳では2回接種後14~149日後で59%という報告がされています。また、成人では、オミクロン株に対する発症予防効果や入院予防効果等が確認されており、5~11歳に対しても、同様の効果が期待されています。米国でオミクロン株流行期に5~18歳を対象に実施された研究では、ファイザー社ワクチンを2回接種完了後の入院予防効果は5~11歳で68%、12~18歳で40%であったと報告されています。

詳細は「新型コロナワクチンQ&A 小児(5~11歳)の接種では、どのような効果がありますか。(厚生労働省ホームページ)」をご覧ください。

 ワクチンの安全性・副反応

安全性・副反応について

臨床試験では、ワクチンの接種後、数日以内に現れる症状は、接種部位の痛みが最も多く、1回目で74%、2回目で71%でした。接種直後よりも、接種日の夜や翌日に痛みを感じる人が多いです。

疲労や発熱などは、1回目よりも2回目接種後の方が多く現れ、38℃以上の発熱は1回目で2.5%、2回目で6.5%でした。ワクチン接種後の症状はほとんどが軽度又は中等度であり、現時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められないと判断されています。

数日以内に起こることがある症状
症状が出た人の割合 症状
50%以上 注射した部分の痛み、疲労
10~50% 頭痛、注射した部分の赤み、はれ、筋肉痛、寒気
1~10% 下痢、発熱、関節痛、嘔吐

心筋炎について

ごく稀ですが、海外では子どもでも軽症の心筋炎を発症した例が報告されています。

米国では、5歳から11歳の男性における接種後の心筋炎の報告率は、12歳から15歳や、16歳から17歳の男性における報告率より低いとされています。

保護者の方は、ワクチン接種後4日程度の間にお子さまに胸の痛み、動悸、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えてください。

なお、心筋炎と診断された場合は、一般的には入院が必要となりますが、多くは安静によって自然回復するといわれています。

ギラン・バレー症候群について

ごく稀ではあるものの、mRNAワクチン接種後にギラン・バレー症候群が報告されています。接種後、手足の力が入りにくい、しびれ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。

 

副反応等については、「新型コロナワクチンQ&A 小児(5~11歳)の接種にはどのような副反応がありますか。(厚生労働省ホームページ)」をご覧ください。

 

 健康被害救済制度

予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことはできないことから、救済制度が設けられています。

新型コロナワクチンの予防接種によって健康健康被害が生じた場合にも、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

なお、現在の救済制度の内容については、予防接種健康被害救済制度(厚生労働省)をご参照ください。

※予防接種法に基づく救済にあたっては、その健康被害が接種をうけたものであると厚生労働大臣が認定したときに対象となります。

 ワクチンの有効期限

 新型コロナワクチンの有効期限については、「新型コロナワクチンの有効性・副反応・有効期限他」をご覧ください。

 

 いじめ、差別の防止

※アレルギーなど様々な理由で、ワクチンを接種できない方もいます。ワクチン接種に関連した差別や偏見、いじめ等が起こることのないようご配慮願います。幼稚園・学校や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いします。

※学校等におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口については「子どものSOS相談窓口(文部科学省)」をご覧ください。

※いじめ・嫌がらせなどの人権相談に関する窓口については「子どもの人権110番(法務省)」をご覧ください。

※ワクチン接種を受けていない人に対する偏見・差別事例に関するQ&Aは厚生労働省のホームページをご覧ください。

 関連情報

新型コロナウイルスワクチンの関連省庁へのリンクなどは、「新型コロナワクチンの有効性・副反応・有効期限他」からご確認ください。

 

 お問い合わせ

新型コロナウイルスのワクチンに関するお問い合わせ先については、以下のコールセンターが開設しています。

 

●朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター(予約受付・接種に関するご案内)

電話:050-2018-7955(※通話料がかかります)

受付:午前8時30分から午後8時(土曜日、日曜日、祝日は午後5時まで)

 

●厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター(新型コロナウイルスワクチン全般について)

電話:0120-761-770(フリーダイヤル)

受付:午前9時から午後9時(土曜日、日曜日、祝日も含む)

 

●埼玉県新型コロナワクチン専門相談窓口(ワクチン接種後の副反応や医学的知見が必要となる専門的な相談について)

電話:0570-033-226(ナビダイヤル)

受付:24時間対応(土曜日、日曜日、祝日も含む)

 

(この記事についてのお問合せ)

新型コロナウイルスワクチン接種推進室

〒351-8501 埼玉県朝霞市本町1-1-1 市役所別館5階

電話:048-451-5588

メール:coronavaccine@city.asaka.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)