ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 健康維持 > 【6か月~4歳】新型コロナワクチン接種のお知らせ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 感染症 > 【6か月~4歳】新型コロナワクチン接種のお知らせ

本文

【6か月~4歳】新型コロナワクチン接種のお知らせ

新型コロナワクチン接種は、現在のところ令和5年3月31日に終了予定です。

生後6か月から4歳以下の乳幼児も、新型コロナウイルスワクチン接種が受けられるようになりました。

生後6か月以上4歳以下の乳幼児の方を対象とした新型コロナワクチン接種に関する計画は、国の方針に基づいたものです。今後、国の方針等に変更があった場合には、適宜計画を見直していきます。

※生後6か月から4歳以下の新型コロナワクチン接種には、臨床試験等から乳幼児に対する有効性や安全性が確認された新型コロナワクチンを使います。メリット(発症予防等)とデメリット(副反応等)を理解したうえで、「接種する」「接種しない」を決めてください。

 

目次

 接種の概要

 接種までの流れ

 接種場所

 住所地以外での接種

 予約

 接種券の再発行

 いじめ、差別の防止

 ワクチンの有効性・副作用・有効期限他

 お問い合わせ

 

接種の概要

接種対象者

市内在住の生後6か月から4歳以下の方(6か月を迎える前日から5歳の誕生日の前々日までの方)

 

接種費用

無料(全額公費での接種)

※接種前後の診療等については、通常の診療として自己負担が生じる場合があります。

使用するワクチン

ファイザー社の乳幼児用(生後6か月~4歳)のワクチン

​※4歳で1回目接種を受けた方で、2・3回目接種時に5歳を迎えた場合、2・3回目接種にも「6か月から4歳用(乳幼児用)」のワクチンを使用します

 

接種回数・間隔

初回接種:3回(1・2・3回目)

1回目接種から3週間後に2回目を接種、2回目接種から少なくとも8週間経過してから3回目を接種する

 例:1回目を4月1日に接種の場合→2回目は4月22日以降に接種

   2回目を4月22日に接種の場合→3回目は6月17日以降に接種

※前回の接種から間隔が空いてしまった場合でも、前回や1回目から受けなおす必要はありません。できるだけ速やかに次の接種を受けていただくことが勧められています。

※特例臨時接種期間の令和5年3月31日までに3回の接種を終了するためには、1回目を令和5年1月13日までに接種する必要があります。ただし、令和5年1月14日以降も、引き続き、接種はできます(現時点では3月末まで)。令和5年4月以降の接種の詳細は、国から情報が示されましたら、掲載します。

 

参考情報

新型コロナワクチンコミナティを接種されるお子さまと保護者の方へ [PDFファイル/4.09MB]

ワクチン接種を受ける人へのガイド コミナティ筋注6ヵ月~4歳用 [PDFファイル/254KB]

生後6か月から4歳のお子様の保護者の方へ 新型コロナワクチン接種についてのお知らせ [PDFファイル/1.59MB]

生後6か月から4歳用を受けたお子様の保護者の方へ 新型コロナワクチンを受けた後の注意点 [PDFファイル/1.06MB]

生後6か月以上・5歳未満の小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方(日本小児科学会)

 

接種までの流れ

(1)市から「接種券」や「予診票」など、接種に必要な書類が住所地に届く。

6か月から4歳以下の方へ、接種券を令和4年11月10日頃から発送しました。その後、6か月を迎える方には、月齢到達後に発送します。

<封入書類>

1.1・2回目用接種券(サンプル) [PDFファイル/301KB]

2.1・2回目用予診票 [PDFファイル/279KB]

3.3回目接種券一体型予診票、予防接種済証(サンプル)[PDFファイル/459KB]

4.6か月から4歳の方への新型コロナワクチン接種のお知らせ [PDFファイル/1.24MB]

5.<6か月から4歳のお子様の保護者の方へ>新型コロナワクチン予防接種についての説明書(乳幼児(6か月~4歳)接種用) [PDFファイル/868KB]

6.予約方法 [PDFファイル/118KB]

 

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチン接種は強制ではありません。接種にあたっては、メリット(発症予防等)とデメリット(副反応等)を検討したうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り、自らの意思で接種を受けていただくものです。ただし、16歳未満の方の場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となり、保護者の同意なく接種が行われることはありません。

※疑問、不安等があれば、あらかじめかかりつけ医などとよく相談・検討し、納得のうえで接種をご判断ください。 

(2)接種場所を決め、電話やインターネットで予約する。

接種場所は接種券同封書類や下記の「接種場所」でご確認ください。

1・2回目をまとめて予約できます。

(3)予約した接種場所で、新型コロナワクチン接種を受ける。

<当日の持ち物> ※接種当日は保護者の方の同伴が必要です

1.市から届いた追加接種に関する封筒の中身一式(接種券、予診票など)

2.本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証など)

3.母子健康手帳

※予診票は事前にご記入ください。

※予診票の「被接種者又は保護者自署」欄に、保護者の方が署名してください。

※お薬を内服中の場合は、「お薬手帳」をご持参ください。

注意事項

1.予約時間の厳守にご協力ください。

2.肩を出しやすい服装、保護者の方のマスクの着用にご協力ください。

3.予診票には、現在、何らかの病気にかかって、治療(投薬など)を受けている方については、医師に予防接種を受けてよいかの判断を仰ぐ項目があります。接種を受けるにあたっては、医師と事前にご相談ください。

4.明らかな発熱や体調が悪い場合などは、接種を控えてください。

5.やむを得ない理由により、接種予約日当日にキャンセル(または変更)を行う場合は、市の接種予約サイトやコールセンターでお手続きをするのに加え、接種される医療機関へお早めにご連絡ください。急なキャンセルはワクチンが無駄になる場合があるため、ご配慮ください。

6.新型コロナワクチンと他のワクチンとの接種間隔などについては、かかりつけ医にご相談ください。同時または前後2週間は、原則、インフルエンザ以外のワクチンを接種することはできません。

<接種場所での主な流れ(参考)>

1.受付(接種券・本人確認書類提示など)

2.予診票確認

3.問診(医師)

4.ワクチン接種(医師または看護師)

5.予防接種済証発行

6.経過観察(15分から30分程度)

接種場所

原則として、住民票所在地の市町村(住所地)でワクチン接種を受けていただきます。

6か月から4歳以下の新型コロナワクチン実施医療機関一覧(令和4年10月現在)
No. 医療機関名 住所(朝霞市)
すぎたこどもクリニック 仲町1-2-32 あさかクリニックモール3F
ひるま小児科クリニック 根岸台7-4-10 クイーンキッズ101
ひろせこどもクリニック 西弁財2-6-34
TMGあさか医療センター 大字溝沼1340-1
ファミリータイズクリニック 本町2-4-25 T-BLD朝霞5F

※実施医療機関は変更になる場合があります。

※保護者の方の同伴が必要です。

住所地以外での接種

国が示した特別な事情のある方は、住所地以外でワクチン接種を受けていただくことができます。

対象となる方や申請方法等の詳細は、住所地以外での新型コロナウイルスワクチン接種に関するお知らせをご確認ください。

予約

ワクチン接種を受けるには事前予約が必要です。以下の方法で予約ができます。

予約には、接種券に記載されている「接種券番号」が必要です。1・2回目をまとめて予約できます。

(1)インターネット(Webサイトでの予約)

 下記のリンク先へアクセスして予約をしていただきます。

   朝霞市新型コロナワクチン接種予約サイト

※予約には接種券に記載されている接種券番号が必要です。

(2)電話予約(コールセンター)

 ●朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

  (平日:午前8時30分~午後8時 土曜日、日曜日、祝日:午後5時まで)

  (年末年始12月29日から1月3日は休業)

 電話:050-2018-7955(※通話料がかかります) おかけ間違いにご注意ください。

 

注意事項(4歳のお子様の保護者の方へ)

乳幼児の初回接種(1・2・3回目)について、4歳のうちに3回目の接種が完了するように、余裕をもって接種してください。1回目接種時に4歳だったお子様が、2・3回目接種時に5歳を迎えた場合でも、「6か月から4歳用」のワクチンを使用します。

接種券の再発行

何らかの事情により接種券の再発行が必要な場合、現在の住民票所在地の市町村が、接種券を再発行します。

再発行の申請が必要な場合

・接種券を紛失、破損した場合

・接種券の発送後に住民票所在地が変更となった場合

・接種券が届かない場合

・「予診のみ」の券を2回使った場合

申請書類

 接種券再発行申請書 [PDFファイル/557KB]

 接種券再発行申請書 [Wordファイル/23KB]

 

申請方法

以下の、1~3のいずれかの方法で申請してください。

1.窓口

 朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種推進室に「接種券再発行申請書」を提出してください。

2.郵送

 「接種券再発行申請書」を記載し、返信用封筒を同封のうえ郵送してください。

3.電話

 朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種推進室に電話し、接種券の再発行を依頼してください。

※2・3の場合、郵送された申請書類、電話で聞き取った内容に問題がなければ、接種券を住民票住所地宛に郵送します。

【申請先】

〒351-8501 朝霞市本町1-1-1

朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種推進室 宛

(電話)048-451-5588

 

いじめ、差別の防止

 アレルギーなど様々な理由で、ワクチンを接種できない方もいます。ワクチン接種に関連した差別や偏見、いじめ等が起こることのないようご配慮願います。幼稚園・保育園や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いします。

 幼稚園等におけるいじめなどに関する相談窓口「子どものSOS相談窓口(文部科学省)」や、人権相談に関する窓口「子どもの人権110番(法務省)」をご覧ください。

 また、厚生労働省のホームページをに、ワクチン接種を受けていない人に対する偏見・差別事例に関するQ&Aが掲載されています。

 

ワクチンの有効性・副作用・有効期限他

「新型コロナワクチンの有効性・副反応・有効期限他」のページをご覧ください。

 

お問い合わせ

新型コロナウイルスのワクチンに関するお問い合わせ先については、以下のコールセンターが開設しています。

 

●朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター(予約受付・接種に関するご案内)

電話:050-2018-7955(※通話料がかかります)

受付:午前8時30分から午後8時(土曜日、日曜日、祝日は午後5時まで)

  (年末年始12月29日から1月3日は休業)

 

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター(新型コロナウイルスワクチン全般について)

電話:0120-761-770(フリーダイヤル)

受付:午前9時から午後9時(土曜日、日曜日、祝日も含む)

詳しくは、厚生労働省新型コロナワクチンコールセンターをご覧ください。

 

埼玉県新型コロナワクチン専門相談窓口(ワクチン接種後の副反応や医学的知見が必要となる専門的な相談について)

電話:0570-033-226(ナビダイヤル)

受付:24時間対応(土曜日、日曜日、祝日も含む)

詳しくは、埼玉県新型コロナワクチン専門相談窓口をご覧ください。

 

 

(この記事についてのお問合せ)

新型コロナウイルスワクチン接種推進室

〒351-8501 埼玉県朝霞市本町1-1-1 市役所別館5階

電話:048-451-5588

メール:coronavaccine@city.asaka.lg.jp

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)