ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 利用者からさがす > 小学生 > 小学生以上の定期予防接種【令和元年度】
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 感染症 > 小学生以上の定期予防接種【令和元年度】
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 利用者からさがす > 中学生 > 小学生以上の定期予防接種【令和元年度】

本文

小学生以上の定期予防接種【令和元年度】

 小学生以上を対象とした定期予防接種は、主に乳幼児期に受けた後の追加接種として行われます。乳幼児期に規定の回数を終えていない方は、かかりつけ医にご相談のうえ、接種を受けてください。対象者には、個別に通知しています。

予防接種を受ける際の注意事項

  • 予防接種の効果や注意点について十分ご理解のうえ、接種してください。
  • 接種時は、母子健康手帳・予診票をお持ちください。必ず保護者が同伴してください。
  • 対象年齢に該当されるお子さんで転入された方は、予診票を送付しますのでご連絡ください。
  • 予防接種法の改正、変更等が生じた場合は広報「あさか」・市ホームページでお知らせします。

対象年齢を超えた場合・・・

対象年齢を超えると、任意接種となり、全額自己負担となります。
※ お知らせした学年で受けられなかった場合は、対象年齢の範囲内であれば、同じ条件で接種を受けることができます。 
  ご不明な点は健康づくり課までお問い合わせください。

小学生以上の定期予防接種

 

お知らせする学年

標準的な接種年齢

対象年齢

接種回数

接種方法

日本脳炎
第2期

平成17~21年度の積極的勧奨の差し控えにより、接種機会を逃した方へ特例措置を実施しています。特例措置については、下記をご覧くてください。
≪特例対象者:平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方≫

※平成19年4月2日以降に生まれた方は、接種対象となったときに通知を送付します。

9歳~13歳未満

1回

市協定医療機関に直接申し込み、接種を受けてください(原則予約制)。

二種混合〈DT〉
(ジフテリア・破傷風)

小学校6年生(平成19年4月2日~平成20年4月1日生まれの方)

小学6年生

11歳~13歳未満

1回

ヒトパピローマウイルス(HPV)

現在、積極的勧奨の差し控え中のため、通知は送付していません。

中学1年生

小学6年生~高校1年生相当年齢の女子

3回

日本脳炎 未完了者への特例措置について

第5条特例対象者:平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方

   対象年齢:20歳未満(誕生日の前日まで)

 平成17~21年度の積極的な勧奨の差し控えにより、接種機会を逃がした上記の特例対象者の方は、第1期(3回)・第2期(1回)の不足回数分を定期接種(無料)として受けることができます。母子健康手帳等で接種歴をご確認ください。
 不足分がある場合は、市協定医療機関に予約のうえ、接種を受けましょう。
 (※平成25年度より、第2期接種の勧奨を開始しました。)
令和元年度は、下記の生年月日の方に第2期の勧奨通知を送付します。
 平成13年4月2日~平成14年4月1日生まれの方(高校3年生相当年齢の方)

第4条特例対象者:平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方

  第1期(3回)の接種が完了していない場合は、第2期(9歳~13歳未満)で不足回数分を定期接種(無料)として受けることができます。
 ※7歳6か月~9歳未満で接種した場合は、定期接種となりませんのでご注意ください。

関連リンク

予防接種情報ページ(厚生労働省)
健康被害救済制度