ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 保険・年金 > 介護保険 > 在宅介護実態調査にご協力ください

本文

在宅介護実態調査にご協力ください

この調査は、在宅で生活されている要支援・要介護認定者の方に、在宅介護の状況や介護をされているご家族の働き方などについてお伺いし、今後の介護保険施策の基礎資料とするものです。

調査の対象となられた場合には、ご協力をお願いいたします。

在宅介護実態調査の実施方法

調査の目的

介護を必要とする方が住み慣れた地域で暮らしつづけ、介護をするご家族等の介護離職を防ぐには、どのようなサービスや仕組みが必要なのかを調査し、次の「第8期 朝霞市高齢者福祉計画・介護保険事業計画」策定の基礎資料とします。

調査の対象となる方

市内の在宅で生活している要支援・要介護認定者の方で、更新申請・区分変更申請に伴う要介護認定を受ける方のうち、無作為に抽出した600人の方。

調査の期間

令和元年6月~令和2年3月(予定)

調査の方法

要介護認定調査の際に、認定調査員による聞き取りで行います。

※厚生労働省の「在宅介護実態調査実施のための手引き」に基づいて行います。

※調査内容の多くは要介護認定調査の内容と同様となっています。

その他

  • この調査の分析に介護認定審査会のデータなどを活用する必要があるため、対象者の方には、事前に同意の確認を行います。
  • この調査の内容が、要介護認定の審査に影響を与えることはございません。