ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

特別定額給付金Q&A

特別定額給付金に関するよくある質問を、下記のとおりまとめました。

給付の対象者

Q1:朝霞市での給付の対象者は誰ですか?

A1:令和2年4月27日(基準日)時点で、朝霞市の住民基本台帳に登録がある人が対象となります。

   なお、基準日より後に、基準日前にさかのぼって転出入の手続きをした場合は、4月27日時点の登録のある自治体が給付対象です。

 

Q2:外国人は給付対象者ですか?

A2:住民基本台帳に記録されている外国人は、給付対象者となります。

 

Q3:生活保護受給者は給付の対象に含まれますか?

A3:含まれます。また生活保護制度の被保護者の収入認定に当たっては、収入として認定しません。

 

Q4:基準日前後に生まれた人や亡くなった人は対象に含まれますか?

A4:次の表のとおりとなります。

 
 日にち 出生  死亡 
 4月26日以前  もらえる  もらえない
 4月27日(基準日)  もらえる  もらえる
 4月28日以降   もらえない  もらえる

なお、単身世帯の方が申請前に亡くなった場合、ご遺族等が代わりに申請することはできません。

給付の申請

Q5:特別定額給付金の申請をしたいのですが、どうしたらいいですか?

A5:郵送で申請する方法とオンラインで申請する方法の2種類があります。

   詳しくはこちらの「給付金の申請及び給付の方法」の項目(内部リンク)をご確認ください。

    

Q6:申請の受付開始はいつからですか?

A6:それぞれ次のとおりです。

 【郵送申請】

 5月25日から。

 【オンライン申請】

 5月1日から。

 

Q7:申請をするのために必要な書類は何ですか?

A7:それぞれ次のとおりです。

 【郵送申請】

 (1)本人確認書類(運転免許証、パスポートなどの写し) 

 (2)振込先口座の確認書類(キャッシュカード、通帳、インターネットバンキングの画面の写し)

 【オンライン申請】

 (1)本人確認書類は不要です。

 (2)振込先口座の確認書類(キャッシュカード、通帳、インターネットバンキングの画面の写し)をアップロードしてください。

郵送申請に必要な本人確認書類は、次の表をご確認ください。 

顔写真あり 顔写真なし

・運転免許証

・パスポート

・運転経歴証明書

・住基カード

・障害者手帳(身体・療育・精神)

など

・健康保険証

・国民健康保険証

・介護保険証

・後期高齢者医療証

・国民年金手帳

・厚生年金手帳

・生活保護受給者証

など

お名前とご住所が、表と裏別々に記載がある場合は、両面の写しが必要となります。

また、代理人申請を行う場合は、代理人の方の本人確認書類(給付の受け取りをする場合は、さらに口座の確認書類)が必要となります。

上記の表に記載のない証明書をご利用になりたい場合は、特別定額給付金相談窓口にお問い合わせください。

 

Q8:同封する書類は、申請書に添付するのですか、それとも貼り付けるのですか?

A8:どちらでも結構です。

 

Q9:同封するのを忘れてしまった書類があるのですが、どうすればよいですか?

A9:お忘れになった書類を、郵送でお送りいただくか、市役所の101会議室(特別定額給付金相談窓口)に直接お持ちください。

 

Q9:マイナンバーカードがないと申請できないのですか?

A9:郵送申請を行う場合には必要ありません。

 

Q10:申請はいつまで受け付けてくれるのですか?

A10:朝霞市の申込期限は、8月24日(月曜日)まで(郵送の場合は消印有効)となっています。

    なお、オンライン(マイナポータル)による申請は、予定されている受付終了日が早くなる場合があります。
    できるだけ、郵送申請をご利用ください。

 

Q11:代理人申請を行う場合、どのようにすればよいのですか?

A11:代理人申請ができる方の範囲は次のとおりです。

    (1)令和2年4月27日(月曜日)時点での世帯構成者
    (2)法定代理人
     (成年後見人、代理権付与の審判がなされた保佐人及び代理兼付与の審判がなされた補助人など)
    (3)親族その他の平素から申請・受給対象者本人の身の回りの世話をしている方などで市が特に認める方
     (民生委員・自治会長等)

    ご申請の際は、世帯主の方の本人確認書類に加え、代理人の方の本人確認書類もあわせてお送りください。

    給付受け取り口座につきましては、世帯主の方の名義か代理人の方の名義の口座を申請書にご記入いただき、記入内容に合った口座確認書類をお送りください。

    また、(2)及び(3)に該当する場合は、さらに加えて必要となる書類がございますので、朝霞市特別定額給付金相談窓口まで、ご連絡ください。

 

Q12:配偶者やその他親族から暴力(DV)を受けていて、朝霞市に居住しているけれども住民票を移すことができていない場合は、どのようにすればよいですか?

A12:配偶者やその他親族からの暴力などの理由で避難している方で、事情により令和2年4月27日以前にお住いの住所に住民票を移すことができない方は、一定の要件を満たしている場合、世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて給付金を受け取ることができます。

    詳細は、こちらの「配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方へ」をご覧ください。

給付の受け取り

Q13:給付を受け取るのは、誰になるのですか?

A13:受給権者は、その方の属する世帯の世帯主になります。

    そのため、振込先口座は世帯主の方の名義の口座をご記入ください。

 

Q14:口座振込はいつ頃ですか?

A14:申請方法によって、それぞれ次のとおりとなります。

    なお、申請から振込みまで2~3週間程度を要します。

 【郵送申請】

 6月上旬以降、申請のあった方から順次お振込みします。

 【オンライン申請】

 5月28日からお振込みを開始し、以降申請のあった方から順次お振込みします。

 

Q15:給付決定通知書は届くのですか?

A15:口座振り込み日以降に、送付を予定しています。

 

Q16:返信用の封筒が小さくて入りません。

A16:お手数をおかけしますが、小さく折りたたんでお入れください。

その他

Q&Aは随時更新予定です。

また、総務省の特別定額給付金のページにもQ&Aがありますので、そちらも併せてご確認ください。