ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 福祉 > 高齢者福祉 > 彩夏ちゃん見守り支援員事業

本文

彩夏ちゃん見守り支援員事業

彩夏ちゃん見守り支援員事業とは

市では、「子どもからお年寄り、障害の有無に関わらず、誰もが安心して暮らせるまち」を目指し、彩夏ちゃん見守り支援員事業を実施いたします。
この事業は、日常生活の中での「気づき」をそのままにせず、「あれっ」「おかしい」と思ったことがあれば、市に連絡をしていただき、市が対応をするというものです。
この事業を開始するにあたり、「見守り支援員」として、協力していただける方を募集いたします。対象となる方は、市内に在住、在勤、在学している中学生以上で、個人、団体、企業単位で登録することができます。

見守り支援員の活動内容

特別な「パトロール活動」と身構える必要はなく、普段の生活を送る中で、これまでなら見過ごしていたようなちょっとした「気づき」を、そのままにせず、行政につなげることが主な活動内容となります。
したがって、無理をする必要はなく、もちろん危険なことをする必要もありません。

どんなときに連絡すればいいの?

たとえば...
〇郵便受けに新聞や郵便物がたまってる
〇昼間でも電気がついたままになっている
〇雨の日でも洗濯物が干したままになっている
〇通学路に不審な車や不審な人物がいる
〇子どもの泣き声が頻繁に聞こえる

どこに連絡すればいいの?

長寿はつらつ課、こども未来課、障害福祉課のいずれかに連絡していただければ、連携して対応します。

見守り支援員の登録方法

〇中学生以上であれば個人・団体・企業といった形態に関わらず登録することができます。(中学生が登録する場合は、保護者の方の同意が必要となります。)
    登録していただいた方には、見守り支援員証を交付します。
    店舗として登録いただいた場合には、見守り支援員事業協力店のステッカーを交付します。 
〇登録希望の方は登録申込書を長寿はつらつ課窓口(市役所1階14番)までお持ちください。
              
    募集要項・登録用紙 [PDFファイル/52KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)