ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

児童手当制度Q&A

制度編

Q1 児童手当はどのような制度ですか?

A1

 児童手当は、家庭等における生活の安定への一助と次代の社会を担う児童の健やかな成長を助長することを目的とし、満15歳以後の最初の3月31日まで(中学校修了まで)のお子さんを養育している方を対象に支給するものです。

受給資格編

Q2 児童手当を受給できる人はどのような人ですか?

A2

 次の項目のすべてにあてはまる方が受給対象者です。

  1. 朝霞市に住民登録がある方。ただし、住民登録がある方でも、日本国内に生活の本拠としての実態を備えていないと認められた方は対象外となります。
  2. 満15歳以後の最初の3月31日まで(中学校修了前まで)の間にあるお子さんを養育している方。
  3. 平成24年6月分の手当から所得制限が導入されます。
    ただし、所得が制限額を超える方は、特例として当分の間は、お子さん1人あたり月額5,000円が支給されます。

Q3 児童手当の受給者は父母のどちらでもなることができますか?

A3

 受給者は、保護者(原則的には父か母のどちらかの方)のうち、生計中心者の方となります。
 どちらの方が受給者となるか判断する際は次のイ~ホを参考にしてください。

 イ 収入の状況(今後の状況を含めて恒常的に高い方。ただし、どちらの方も所得制限基準額の範囲内にあることが条件となります。)
 ロ 所得税等の扶養控除の状況(どちらの方の扶養親族となっているか)
 ハ 健康保険の状況(どちらの方の被扶養者となっているか)
 二 住民票上の取扱い(どちらの方が世帯主となっているか)
 ホ 職場の扶養手当等の状況(どちらの方に支払われているか)

Q4 所得制限基準額はいくらになりますか?

A4

 受給者となる方の扶養人数(税法上の扶養人数等)により定められています。なお、所得制限は平成24年6月分の手当から適用しております。

 ※詳細は「所得制限基準額表」を参照ください。

Q5 単身赴任等の理由で受給者と子どもが別居することになりました。児童手当は継続して受給できますか?

A5

 受給者の方が、引き続きお子さんの監護(監督・保護等)をされている場合は、所定の手続きにより、継続して手当を受給できます。状況により提出書類が異なりますので、以下の手続き方法を確認してください。なお、受給者が国外に転出する場合は、Q19をご覧ください。

朝霞市内で別居となる場合

 「申立書」を提出してください。

対象の子どもが朝霞市外へ転出する場合

 「申立書」及び「お子さんの属する世帯全員の記載がある住民票(続柄・筆頭者・本籍・世帯主名が省略されていないもの)」を提出してください。ただし、お子さんが日本国外に転出する場合は、その他に必要な書類があります。※「支給対象となるお子さんと別居している場合」を参照ください。

受給者が朝霞市外へ転出する場合

 「児童手当・特例給付受給事由消滅届」を提出してください。朝霞市での受給資格は消滅となります。なお、転出先で受給するには改めて手続きが必要です。
 ※転出先での手続き方法は該当の市区町村に確認してください。

Q6 子どもが海外に居住している場合、児童手当は受給できますか?

A6

 お子さんが海外に居住している理由が、「教育を目的とする留学」の場合、受給できる可能性があります。受給にあたっての条件は、次のとおりとなります。

  1. お子さんが次の(1)または(2)のいずれかの期間、日本国内に住所を有していたこと
    (1)日本国内に住所を有しなくなった日の前日まで引き続き3年を超えて日本国内に住所を有していたこと
    (2)日本国内に住所を有しなくなった日の前日から過去6年間に延べ3年を超える期間、日本国内に住所を有していたこと
  2. お子さんが教育を受けることを目的に外国に居住しており、父母と同居していないこと
  3. お子さんが日本国内に住所を有しなくなった日から3年以内であること
    住民登録を残したまま留学されている場合など、詳細はこども未来課へお問い合わせください。

Q7 子どもが児童福祉施設へ入所することとなりました。児童手当の手続きは必要となりますか?

A7

 お子さんが、2ヶ月以上の期間にわたり施設(※)へ入所される場合、児童手当は施設設置者に支給することとなりますので、「児童手当・特例給付受給事由消滅届」を提出ください。

 ※対象となる施設は、乳児院、児童養護施設、児童自立支援施設などとなります。
  詳細はこども未来課へお問い合わせください。

Q8 子どもを里親さんに預かってもらうこととなりました。児童手当の手続きは必要となりますか?

A8

 お子さんが、2ヶ月以上の期間にわたり里親さんに預かっていただく場合、児童手当は里親さんに支給することとなりますので、「児童手当・特例給付受給事由消滅届」を提出ください。
 詳細はこども未来課へお問い合わせください。

Q9 離婚することになりました。児童手当の受給はどうなりますか?

A9

 離婚後、どなたがお子さんの監護(監督・保護等)をされるかにより、手続き方法が定まっています。以下の手続き方法を確認してください。

手続き方法
今までの受給者の方これから受給者になる方
監護する方に変更がない場合お子さんと同居手続きはありません
お子さんと別居申立書」、「お子さんの属する世帯全員の記載された住民票(続柄・筆頭者・本籍・世帯主名が省略されていないもの)」(市外で別居する場合のみ)を添付し提出してください。
※詳細はQ5を参照。
監護する方が変更となる場合児童手当・特例給付受給事由消滅届」を提出してください。
※前夫・前妻と別居(住民票上)または世帯分離している場合、提出は不要です。
児童手当・特例給付認定請求書 [PDFファイル/119KB]」を提出してください。
※添付書類はQ13を参照。

Q10 未成年後見人として、子ども(中学生まで)を監護しています。児童手当は受給できますか?

A10

 受給することが可能です。
 詳細はこども未来課へお問い合わせください。

手続き編

Q11 児童手当の手続きはどこでできますか?

A11

 受給者の住所地の市(区)役所、町村役場の窓口となります。ただし、受給者が公務員の場合は、勤務先となります。手続きには「児童手当・特例給付認定請求書 [PDFファイル/119KB]」等の提出が必要となります。

受付窓口

 朝霞市役所本館1階 総合窓口課
 朝霞市役所本館2階 こども未来課
 内間木支所、朝霞台出張所、朝霞駅前出張所

 ※こども未来課宛に郵送、電子申請(Q23参照)による手続きも可能です。
 なお、郵送による提出の場合は、到着日が申請日となりますのでご注意ください。不着・遅延等の責任は一切負えません。郵送事故防止のため、特定記録・簡易書留などの記録に残るもので郵送されることをお勧めします。(費用は、ご本人様の負担となります。ご了承ください。)
 <郵送先>
 〒351-8501 朝霞市本町1-1-1 朝霞市役所こども未来課こども給付係宛

Q12 里帰り先で出産しました。児童手当の手続きはどのようにすればいいですか?

A12

 児童手当の手続きは、受給者の住所地の市(区)役所、町村役場の窓口となります。必要書類については該当の市(区)役所、町村役場に確認してください。(朝霞市で手続きする場合はQ13を参照ください。)
 お子さんの出生日の翌日から15日以内に手続きしてください。手続きが遅くなりますと手当が支給できない場合があります。
 なお、申請に関する書類が揃いましても、住民基本台帳でお子さんの出生を確認してから審査を行うため、審査結果を通知するのに時間がかかる場合がありますのでご了承ください。

Q13 認定請求の手続きに必要な添付書類は何ですか?

A13

 次のものをご用意ください。添付書類の提出は、「児童手当・特例給付認定請求書」提出後でも可能な場合があります。なお、手続きに関する各種様式はダウンロード(児童手当に関する様式集)することができます。

  1. 印鑑
  2. 受給者の健康保険証のコピー※1 ※2
  3. 受給者名義の振込先口座のわかるもの※2
  4. 受給者及び配偶者のマイナンバー確認書類(個人番号カードまたは通知カード)
  5. 本人確認書類(顔写真付きの本人確認書類の場合1点、顔写真付きの本人確認書類がない場合2点)                
  6. その他、状況によって必要な書類(養育しているお子さんと別居している※3など)

※1 健康保険証のコピーは、厚生年金加入または共済年金加入の方のみ必要です。
 ただし、受給者の方が厚生年金に加入で、全国土木建築国民健康保険組合以外の国民健康保険組合に加入の場合は、健康保険証のコピーではなく、年金加入証明が必要です。
 受給者の方が国民年金加入または年金未加入の場合は、健康保険証のコピー、年金加入証明どちらも不要です。
※2 額改定認定請求の手続きには不要です。
※3 手続きの詳細は受給資格、Q5Q19を参照ください。

Q14 児童手当の振込先を変更するにはどのような手続きが必要ですか?

A14

 受給者名義の口座であれば変更できますので、「児童手当振込先金融機関変更届」を提出してください。名義は受給者のものに限ります。配偶者の方、お子さんなど受給者以外の名義の口座には振り込むことができません。
 また、振込先の変更を希望される場合には、支払月の前月の15日までに「児童手当振込先金融機関変更届」を提出してください。(例:2月支払いから振込先の変更を希望される場合は、1月15日までに「児童手当振込先金融機関変更届」を提出してください。)

※ゆうちょ銀行の口座を指定する場合は、振込専用の店名(3桁)・口座番号(7桁)での届出になります。振込専用口座が不明な場合は、ゆうちょ銀行ホームページで確認してください。

こども医療費の受給資格を登録されている方へ

「児童手当振込先金融機関変更届」を提出しただけでは、こども医療費の振込先は変更になりません。こども医療費の振込先も併せて変更する場合は、「こども医療費振込先金融機関変更届」を提出してください。

Q15 児童手当の振込先を父(受給者)名義の口座から母(受給者の配偶者)名義の口座へ変更できますか?

A15

 児童手当は受給者名義の口座のみの取り扱いとなります。配偶者やお子さんなどの名義の口座に変更することはできません。

Q16 児童手当を受給中ですが新たに子どもが生まれました。何か手続きは必要ですか?

A16

 「児童手当・特例給付額改定認定請求書 [PDFファイル/87KB]」の提出が必要です。出生日の翌日から数えて15日以内に申請してください。手続きには印鑑(認印で可)が必要です。なお、受給者の方が出生したお子さんと別居されている場合は、その他に書類の提出をお願いする場合があります。(受給資格、Q5Q19を参照。)

Q17 児童手当を受給中ですが家族全員で市内転居しました。何か手続きは必要ですか?

A17

 住民票の転居届を提出いただければ、児童手当の手続きは必要ありません。ただし、こども医療費受給資格証をお持ちの方は手続きが必要です。詳しくは、こども医療費Q&AのQ11をご覧ください。

Q18 児童手当を受給中ですが家族全員で他市区町村へ引っ越すことになりました。何か手続きは必要ですか?

A18

 「児童手当・特例給付受給事由消滅届」を提出してください。さらに、転出予定日の翌日から数えて15日以内に転出先市区町村で改めて認定請求の手続きを行ってください。

Q19 児童手当を受給中ですが海外へ転出することになりました。何か手続きは必要ですか?

A19

 状況により手続き方法が定まっています。以下の手続き方法を確認してください。

手続き方法
受給者のみ海外へ転出する場合受給者の方の住民登録が日本国内にない場合は、手当を受給できませんので、「児童手当・特例給付受給事由消滅届」を提出してください。
手当の支給対象となるお子さんを養育する方(受給者の配偶者の方など)が、引き続き朝霞市にお住まいになる場合は、その方が新たな受給者となり認定請求の手続きを行ってください。
お子さんのみ海外へ転出する場合対象のお子さんが海外に居住している場合は、それが一定期間日本国内に居住後に留学を目的として行われているものであれば、手当を受給できる可能性があります。「◎支給対象となるお子さんと別居している場合」を参照。
家族全員で海外へ転出される場合受給者の方の住民登録が日本国内にない場合は、手当を受給できませんので、「児童手当・特例給付受給事由消滅届」を提出してください。

 ※お子さんのみ国内で祖父母等と同居し生活している場合、手当を受給できる可能性があります。詳細はこども未来課へお問い合わせください。

Q20 児童手当を受給中ですが公務員になりました。何か手続きは必要ですか?

A20

 公務員の方の児童手当は、勤務先から支給されますので、こども未来課及び勤務先にそれぞれ次の手続きを行ってください。

手続き方法
こども未来課

 「児童手当・特例給付受給事由消滅届」をこども未来課へ提出してください。

勤務先

 認定請求の手続きを勤務先で行ってください。
 ※必要書類は勤務先に確認してください。

 ※消滅届の提出が遅れると手当が過払いとなり返還していただく場合があります。
 また、勤務先への認定請求の手続きが遅れると、支給開始が遅れることがあります。いずれの手続きもお早めに行ってください。

Q21 公務員を辞めることになりました。何か手続きは必要ですか?

A21

 公務員の方は児童手当が勤務先から支給されていますが、退職されるとその方(受給者)の住所地から支給されますので、児童手当担当課及び勤務先にそれぞれ次の手続きを行ってください。

手続き方法
受給者の住所地の児童手当担当課

 認定請求の手続きを受給者の住所地の児童手当担当課で行ってください。
 ※必要書類は住所地の児童手当担当課に確認してください。

勤務先

 受給資格消滅手続きを勤務先で行ってください。

 ※手続きが遅くなると受給開始月も遅くなります(受給できない期間が生じる場合があります)ので、お早めに手続きを行ってください。

Q22 児童手当を受給していますが、更新手続きはありますか?

A22

 児童手当を受給している方は、毎年6月に現況届(年度更新手続きに関する書類)の提出をお願いしています。この手続きを行われない方は、手続きいただくまでの間(※)、手当の支給が一時停止となります。手続きの対象となる方へは、6月初旬に市から個別通知を行いますので、必ず手続きいただきますようお願いします。
 ※一定期間(現況届未提出の年度から2年後の10月の手当支給日まで)手続きがない場合、受給資格が時効消滅となります。

Q23 電子申請はできますか?

A23

 「児童手当・特例給付認定請求書」「児童手当・特例給付額改定認定請求書 額改定届」「児童手当・特例給付受給事由消滅届」「未支払児童手当・特例給付請求書」は、電子申請も可能です。朝霞市ホームページのトップにある「電子申請」アイコンから申請してください。また、子育てワンストップサービスによる電子申請での受付も可能です。(「マイナポータル」の「ぴったりサービス」から検索してご利用ください。)                                              ※電子申請に必要なもの                                                                                 (1)マイナンバーカード(有効な公的個人認証証明書が格納されたPINコードを設定済みであること)                                                                (2)次のいずれかの機器類                                                            ・インターネットに接続できるパソコン、ICカードリーダライタ                                       ・インターネットに接続できるアンドロイドOSのスマートフォンのうち、ICカードリーダを内装する機種

朝霞市の電子申請へ

ぴったりサービスへ

支給編

Q24 児童手当はいくら支給されるのですか?

A24

 お子さん1人につき次のとおりとなります。

手当月額
0歳~3歳未満(一律)15,000円
3歳~小学校修了前(第1子、第2子)10,000円
3歳~小学校修了前(第3子以降)15,000円
中学生10,000円
所得制限基準額以上の家庭のお子さん(一律)5,000円

4 ※お子さんの出生順は、18歳到達後の3月末日を迎えるまでの間にある方の中で、人数を数えます。
 所得制限は平成24年6月分の手当から適用となります。
 所得制限基準額以上の家庭のお子さんへの手当は、当分の間の支給のため、今後変更となる場合があります。

Q25 児童手当はいつ支給されるのですか?

A25

 6月(2~5月分)・10月(6~9月分)・2月(10~1月分)の10日に支払いますが、10日が土・日曜日または祝日に当たる場合は、直前の開庁日になります。
 ただし、受給資格の消滅手続き等により、上記の指定月以外に随時で支払うことがあります。

Q26 児童手当はどのように支給されるのですか?

A26

 手当は口座振込で支給します。振込先の口座は受給者名義のものに限ります。配偶者の方、お子さんなど受給者以外の名義の口座には振り込むことができませんのでご注意ください。受給者名義の口座で他の金融機関に変更を希望される場合は、「児童手当振込先金融機関変更届」を提出してください。(詳細はQ14を参照。)

Q27 児童手当はいつから受給できますか?

A27

 「児童手当・特例給付認定請求書」を提出した日の属する月の翌月分から支給の対象になります。「児童手当・特例給付認定請求書」の提出が遅れた場合は、さかのぼって支給することはできませんのでご注意ください。
 ただし、月末近くの出生・転入等により手続きする場合は、出生日、転出予定日等(事由発生日)の翌日から数えて15日以内に手続きいただければ、月が改まってからの手続きでも、事由発生日の翌月分から支給となります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)