ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 福祉 > 地域福祉 > 生活困窮者自立支援制度

本文

生活困窮者自立支援制度

朝霞市では失業等による経済的な問題、健康上の問題などで生活に困窮している方を支援するために、次のような事業を実施しています。

自立相談支援事業

生活で困りごとや不安を抱えている場合は、ご相談ください。
自立相談支援員が相談を受けて、どのような支援が必要かをあなたと一緒に考え、必要な支援制度の提供につなげるものです。

住居確保給付金

離職後2年以内の65歳未満の方で、住居を失った方、または失うおそれの高い方は、就職に向けた活動をすることを条件に、一定期間、家賃相当額を支給する制度です。生活の土台を整えた上で、就職に向けた支援を行います。

子どもの学習支援事業

経済的な事情により学習塾に通うことができず、学習が進んでいない中・高校生を対象とした学習支援を行います。
進学に関する支援、居場所づくり、高校進学者の中退防止に関する支援など、子どもと保護者の双方に必要な支援を行います。
原則、毎週水曜日に開催しています。