ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 利用者からさがす > 企業・事業者 > 商慣習見直しに取り組む事業者の募集について

本文

商慣習見直しに取り組む事業者の募集について

農林水産省で、商慣習見直しに取り組む事業者を募集しています。

農林水産省では、10月30日の「全国一斉商慣習見直しの日」と定め、飲料、賞味期限180日以上の菓子、カップ麺について、全国の食品小売業者に対しては納品期限の緩和に、また食品製造業者に対しては賞味期限の大括り化に取り組んでいただくよう呼びかけを行っています。そのような中で、さらに今般、こうした商慣習の見直しを後押しするために、これらに取り組む、または取り組む予定のある事業者を次のとおり募集し、農林水産省において、10月30日に公表します。対象事業者は応募の検討をお願いいたします。

1 募集内容

(ア)食品小売業者

  推奨3品目(飲料、賞味期限180日以上の菓子、カップ麺。以下同じ。)の納品期限の緩和

(イ)食品製造業者

  推奨3品目の賞味期限表示の大括り化(年月表示、日まとめ表示)

2 募集対象者

  1の(ア)、(イ)の内容に、現在取り組んでいる、または取り組む予定の食品小売業者及び製造業者

3 募集期間

  令和2年8月12日(水曜日)~9月25日(金曜日)17時00分

4 公表方法

  令和2年10月30日に、農林水産省HP上に事業者名を一覧として公表。

◇農林水産省プレスリリースはこちらをご覧ください。

また、小売業における食品ロス削減への機運を高めるため、農林水産省補助事業により公益財団法人流通経済研究所が主催いたします「食品小売業対象のセミナー&意見交換会」を9月3日に東京都、9月10日に岡山県において開催予定だそうです。

◇「食品小売業対象のセミナー&意見交換会」への参加方法等詳細はこちらからご確認ください。