ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ごみ収集作業員のマスク着用について

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、現在、ごみ収集作業員はマスクを着用することを基本としております。

一方、夏季には気温や湿度が高くなり、マスクを着用したままでは熱中症にかかる可能性があることから、厚生労働省から示された熱中症予防行動のポイントなどを参考に、ごみ収集作業員が以下の行動をとる場合がありますので、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

(1)1名乗車の車両運転中など、周囲に人がいない場面では、一時的にマスクを外すことがあります。

(2)水分補給を行うことがあります。