ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > ごみ・リサイクル > ごみの分別 > プラスチック資源を入れた袋に危険物や不燃物等を一緒に入れないでください

本文

プラスチック資源を入れた袋に危険物や不燃物等を一緒に入れないでください

クリーンセンターからのお願い

危険なものは絶対に入れないでください!

回収したプラスチック資源の入った袋は、クリーンセンター内のプラスチック処理施設において、次の処理場へ送るための選別を行っています。金属や燃えるごみ、空き缶、空きビンなどのプラスチック以外の異物を取り除くといった作業は、すべて手作業で選別を行っています。その際、包丁やナイフ、注射器などが混入していると、作業員のケガや感染症を引き起こす可能性があり、大変危険です。

皆さんの分別へのご協力、よろしくお願いします。

選別作業は、すべて手作業で行っています。

「プラスチック」に下記のようなものを入れないでください。

大多数の方は、きちんと分別や洗浄をして「プラスチック資源」を出していただいていますが、下記のような汚れたままのものや「プラスチック資源」の回収対象ではないものの混入も一部見られます。

○汚れているプラスチック

必ず汚れを落としてからお出しください。汚れが落とせないものは「可燃ごみ」としてお出しください。

汚れているものは混ぜないでください。

○金属が含まれているプラスチックなど

「不燃ごみ」としてお出しください。素材がプラスチックでも、金属が付属している物はプラスチック資源の回収対象ではありません。

金属が付いているものは不燃ごみとしてお出しください。

注射器などの医療器具

自宅点滴パックは「可燃ごみ」としてお出しください。注射器は市では回収できませんので、医療機関にご相談ください。

注射器の廃棄は医療機関にご相談ください。

刃物、かみそりなど

紙などにくるんで、「きけん」と明記し、「不燃ごみ」でお出しください。

包丁やかみそりなどの危険物を混ぜないでください。

○乾電池、ライター、スプレー缶など

それぞれ、正しい分別をしてお出しください。

乾電池は有害ごみ。ライターは使いきって不燃ごみでお出しください。

スプレー缶は中身を使い切ってから不燃ごみでお出しください。