ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 環境 > 動植物 > 令和2年度 集合狂犬病予防注射

本文

令和2年度 集合狂犬病予防注射

【重要】令和2年度集合狂犬病予防注射を実施します

 令和2年度集合狂犬病予防注射を下記日程のとおりに実施いたしますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、以下のことについて、ご注意ください。
 なお、今後の状況により、急きょ中止となる場合もありますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

・発熱や咳などの症状がある方は、ご来場を控えてください。

・基礎疾患や健康上の不安をお持ちの場合は、来場を自粛してください。

・最少人数で、必ず開始時間を過ぎてからお越しください。

・マスクの着用や咳エチケットにご協力ください。

・会場で一列に並ぶ場合は、前後の方との間隔をあけてください。

・近距離での会話や接触を極力避けてください。

 

※集合注射会場以外に、動物病院でも狂犬病予防注射を受けることができます。注射料金や診察時間等については、各動物病院にご確認ください。

 

【ご案内】集合狂犬病予防注射

飼い犬は一生に一度の登録と、年一回の狂犬病予防注射が義務づけられています。
下記のとおり集合狂犬病予防注射を実施しますので、飼い主さんは、この機会に飼い犬の注射を済ませましょう。

 費用/1頭につき 3,500円 (注射料金2,950円+注射済票交付手数料550円)

  ※消費税引き上げに伴う影響等により、注射料金が改定になりました。(2,750円→2,950円)。

   注射済票交付手数料は変更ありません。

 ※ 飼い犬の登録も各会場で受付していますので、職員までお申し出ください。(犬の登録手数料 1頭につき3,000円)

注意事項

・市役所以外の会場は、雨天時中止となります。 (午前・午後ともに開始1時間前に決定。市ホームページ等でお知らせします。)

・朝霞市で登録のある犬の飼い主さんには、集合注射のお知らせのはがきを送付しています。当日必ずお持ちください。

・犬は清潔にして、毛は乾燥した状態でお連れください。また、首輪が抜けないようにして、犬をしっかり押さえられる方がお連れください。

・海外渡航予定の犬は、動物病院で注射を受けてください。

・集合注射を受けられない場合は、動物病院で注射を接種し、集合注射のお知らせはがきと狂犬病予防注射済証を持ってくるのうえ、環境推進課または支所・出張所にて注射済票の交付を受けてください。

・飼い犬が死亡した時、または登録事項に変更がある時は、手続が必要ですので、必ず環境推進課までご連絡ください。

日程・会場  

4月6日(月曜日)

 朝霞保健所(1回目) 午前10時00分~11時30分

4月13日(月曜日)

 北朝霞公民館 午前10時00分~11時30分 

 西朝霞公民館 午後1時30分~2時30分   

4月15日(水曜日)

 朝霞保健所(2回目) 午前10時00分~11時30分 

4月17日(金曜日)

 根岸台市民センター 午前10時00分~11時30分   

4月20日(月曜日) 

 溝沼市民センター 午前10時00分~11時30分

 内間木公民館  午後1時30分~3時30分

4月25日(土曜日) ※雨天決行

  朝霞市役所 午後1時30分~3時30分