ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 環境 > 環境保全 > 羽田空港機能強化に向けた新たな飛行経路に関する説明会

本文

羽田空港機能強化に向けた新たな飛行経路に関する説明会

国土交通省は、首都圏の国際競争力の強化、2020年東京オリンピック・パラリンピックの円滑な開催等に向け、羽田空港の発着枠拡大をはじめとした更なる機能強化に向けた検討を進めています。
この中で、羽田空港に着陸する航空機が朝霞市上空を15時から19時の間の南風時(悪天時)に、3000フィート(約915メートル)の高度で飛行するなどの新たな飛行経路が示されました。
つきましては、令和2年3月29日から新飛行経路の運用が開始されるにあたり、より多くの方々に知って頂けるよう、国土交通省主催の説明会が開催されます。

今後開催される説明会

内容:新飛行経路の運用開始、国際線増便に向けたスケジュール、騒音・落下物に係る取組等 

   ※詳細は、「羽田空港のこれから」をご覧ください。

日時:令和2年1月23日(木曜日) 14時~17時

   令和2年1月24日(金曜日) 17時~20時

   令和2年1月25日(土曜日) 14時~17時

会場:中央公民館・コミュニティセンター 1階 展示ギャラリー(朝霞駅南口下車徒歩約10分)

    朝霞市青葉台1-7-1

※本市以外の会場でも説明を聞くことができます。詳細は第6フェーズ住民説明会をご覧ください。

 

説明会以外での意見等の受付

国土交通省は、説明会以外にも羽田空港機能強化についてより多くの方々にお伝えする特設ページを設けて意見等を受け付けているほか、情報発信拠点による情報提供を行っています。

<特設ホームページ>
 「羽田空港のこれから」 https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/(国土交通省ホームページ)

 

お問い合わせ

『国土交通省「羽田空港のこれから」に関する電話窓口』

電話 0570-001-160

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)