ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 市民活動 > 消費生活 > 消費者被害注意情報 (平成27年10月~平成28年3月)

本文

消費者被害注意情報 (平成27年10月~平成28年3月)

平成28年4月~9月分→

平成27年4月~9月分

もくじ


水圧で伸びる散水ホースの破損に注意

2016年3月17日 国民生活センター発表

蛇口に接続して水を流すと約3倍の長さに伸びるという、水圧で伸びる散水ホースが販売されています。
このホースの破損などによる水漏れに関するテスト依頼が4件あり、いずれも品質に問題があると考えられました。
そこで、現在販売されているホースについて調査し、消費者に情報提供することとしました。

水圧で伸びる散水ホースの破損に注意』(国民生活センター)

 

絶対に入ってはいけない!「ぼったくりバー」

2016年3月17日 国民生活センター発表

客引きに勧誘されて入った飲食店で、事前には想像もしていなかった高額な料金を請求される、
いわゆる「ぼったくりバー」に関する相談が全国の諸費生活センター等に寄せられています。
このような店にいったん入ってしまうと、料金をめぐるトラブルを避けるのは非常に難しいのが現状です。
そこで、相談事例をもとにその特徴や問題点を整理し、消費者に注意を呼びかけます。

絶対に入ってはいけない!「ぼったくりバー」』(国民生活センター)

 

電力自由化がスタートします

2016年3月14日 国民生活センター発表

この4月1日より、電力小売の全面自由化が始まります。
自由化の実施に向け、国民生活センター等への相談が増加しています。
そこで、寄せられている相談事例を紹介するとともに、消費者にアドバイスを提供します。

電力自由化がスタートします』(国民生活センター)

 

油断しないで!耳掃除

2016年2月25日 国民生活センター発表

綿棒による耳掃除中に綿体が軸から抜けて耳の穴に残ったことに関して、商品のテスト依頼がありました。
国民生活センターには、危害を負ったという情報が多く寄せられており、中には入院を要する事例も見られます。
そこで、耳掃除中の事故についてまとめ、消費者に注意喚起することとしました。

油断しないで!耳掃除』(国民生活センター)

 

使用中に破片が飛び、目を負傷した回転させる玩具

2016年2月25日 国民生活センター発表

国民生活センターに「回転させて遊ぶ玩具が破損し、負傷した」ということに関するテスト依頼がありました。
テストを行ったところ、ひび割れなど破損がある状態で使用すると、破片が飛散するおそれがあることがわかりました。
小さなものでも傷やひび割れがある当該品は、使用を中止してください。

使用中に破片が飛び、目を負傷した回転させる玩具』(国民生活センター)

 

自転車用レインウェアの運転への影響と安全性について

2016年2月18日 国民生活センター発表

道路交通法の改正を背景とし、自転車で使用できることをうたったレインウェアが販売されるようになっています。
しかし、レインウェアの使用により、駆動部への巻き込みや、周りが見えないなどの危険もあるようです。
そこで、自転車用レインウェアの使用についてテストを行い、消費者に情報提供することとしました。

自転車用レインウェアの運転への影響と安全性について』(国民生活センター)

 

投資や利殖をうたう仮想通貨の勧誘トラブルが増加

2016年2月18日 国民生活センター発表

インターネットを通じて電子的に取引される仮想通貨をめぐるトラブルが、高齢者を中心に増加しています。
仮想通貨は、資金移動や決済手段として利用されていますが、価格変動リスクなどを伴います。
相談事例では、仮想通貨の取引価格が将来必ず値上がりするかのような事実と異なる説明が行われ、
こうした説明をうのみにした消費者が、価格変動リスクを十分に理解せず契約しているケースが目立っています。

投資や利殖をうたう仮想通貨の勧誘トラブルが増加』(国民生活センター)

 

光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!

2016年2月12日 国民生活センター発表

平成27年2月1日から、NTT東西が光回線サービスの卸売を開始しました。
これにより、様々な料金や契約形態を組み合わせた多様なサービスが提供されるようなりましたが、
一方で消費者が十分な理解がないまま契約して、トラブルになったという事例も寄せられています。
そこで、最新の相談事例を紹介し、消費者に注意を呼びかけます。

光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!』(国民生活センター)

 

見た目だけでは分からない、えごま油の品質

2016年1月28日 国民生活センター発表

「えごま」はシソ科の植物で、えごま油はその種子から搾られた油です。
今年度に入り、購入したえごま油の品質を調べてほしいという依頼が当センターに複数寄せられ、
調べたところ純粋なえごま油であるか疑わしいものがありました。
そこで、市販のえごま油の品質や表示について調査し、消費者に情報提供することとしました。

見た目だけでは分からない、えごま油の品質』(国民生活センター)

 

マイナンバー制度を悪用したお知らせメールにご注意ください!

2016年1月26日 国民生活センター発表

「訴訟履歴がマイナンバーに登録される」という内容のメールが送られてきたとの情報が各地で寄せられています。
マイナンバーの利用目的は法律で決められており、マイナンバーから訴訟履歴が明らかになることはありません。
このようなメールが送られてきても、相手に連絡を取らないでください。

マイナンバー制度を悪用したお知らせメールにご注意ください!』(国民生活センター)

 

「保険金が使える」という住宅修理サービスの勧誘に注意!

台風や大雪等によって破損した屋根や雨どい等を「保険の範囲内で修理できます」という勧誘が増えています。
電話や訪問で「火災保険で家の修理ができる。無料で申請等を手伝う」などと勧誘され契約を結ばれたり、
契約を結んだものの保険金が下りなかったりする等のトラブルが起きています。
まずは自分で保険会社か代理店に連絡し、保険の対象となるか、申請はどのようにするのか等確認しましょう。
突然の勧誘によりトラブルに遭わないために、情報を提供いたします。

「保険金が使える」という住宅修理サービスの勧誘に注意!』(国民生活センター)

 

家庭用電気マッサージ器による危害

2016年1月21日 国民生活センター発表

全国の消費生活センターには、「電気マッサージ器」による危害に関する相談が多く寄せられており、増加傾向にあります。
そこで、家庭用電気マッサージ器について、事故の傾向及び消費者の使用実態等の調査を実施し、
トラブルの拡大防止のため、消費者に注意を呼び掛けます。

家庭用電気マッサージ器による危害』(国民生活センター)

 

内部から発煙、発火したセラミックファンヒーター

2016年1月20日 国民生活センター発表

国民生活センターに、同型のセラミックファンヒーターについて、発火原因を調べてほしいという依頼が2件寄せられました。
商品テストを行ったところ、いずれもセラミックヒーターと配線の接続部に何らかの不具合があったことが原因と考えられ、
当該部位は購入後に使用者が触れる部分ではないため、製造時に何らかの問題があった可能性が高いと考えられました。
事故が複数件発生していますので、該当するセラミックファンヒーターをお持ちの方は直ちに使用を中止してください。

内部から発煙、発火したセラミックファンヒーター』(国民生活センター)

   

有料動画サイトの未納料金名目等で金銭を支払わせようとする「株式会社DMM.comをかたる事業者」

2016年1月18日 消費者庁発表

平成27年5月以降、消費者の携帯電話に「有料動画の閲覧履歴がある」などとSMS(ショートメッセージサービス)を送信し、
連絡してきた消費者を威迫して未納料金等を請求する事業者に係る相談が、各地の消費生活センターに寄せられています。
消費者庁が調査したところ、当該の事業者との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(威迫して
困惑させること)を確認したため、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、注意を呼び掛けます。

有料動画サイトの未納料金名目等で金銭を支払わせようとする「株式会社DMM,comをかたる事業者」』(消費者庁)

 

発達をみながら注意したい0・1・2歳児の事故

2016年1月14日 国民生活センター発表

医療機関ネットワークに寄せられる事故情報のうち、0・1・2歳児の事故情報は約5割を占めています。
子どもの事故は、年齢や発達の程度により事故の内容が異なります。
このような発達段階と行動パターンの特徴を踏まえ、寄せられた事故情報を分析し、
事故防止のために保護者の方等が注意すべき点をまとめました。

発達をみながら注意したい0・1・2歳児の事故』(国民生活センター)

 

電力の小売全面自由化が始まります!

2015年12月17日 国民生活センター発表

2016年4月1日から、電力の小売全面自由化が始まります。
電力について、よく理解して契約するきっかけに、また便乗したトラブルに遭わないために、
これまでに寄せられている相談事例を紹介するとともに、消費者向けのアドバイスを提供します。

電力の小売全面自由化が始まります!』(国民生活センター)

 

大切な葬儀で料金トラブル発生!

2015年12月17日 国民生活センター発表

全国に寄せられている葬儀サービスに関する相談は増加傾向にあり、今後も増加していくとみられています。
葬儀で提供されるサービスは多岐にわたり費用の項目が複雑であり、
事業者の説明や消費者の理解が不足していたりすると、トラブルになることがあります。
そこで、最新の相談事例を紹介し、トラブルの拡大防止のため、消費者に注意を呼び掛けます。

大切な葬儀で料金トラブル発生!』(国民生活センター)

 

掃除サービスでのトラブルに遭わないために!

2015年12月3日 国民生活センター発表

掃除サービス(事業者が家庭に出向き、有料で掃除を行うサービス)に関する相談件数は、近年増加傾向にあります。
特に、エアコンや換気扇のクリーニングといった掃除等に関するトラブルについての相談が多く寄せられています。
そこで、トラブルに遭わないために、その実情を周知するとともに、利用する方への注意点について情報提供を行います。

掃除サービスでのトラブルに遭わないために!』(国民生活センター)

 

高齢者のやけどに御注意ください!

2015年11月18日 消費者庁発表

消費者庁には、65歳以上の高齢者が不注意や暖房器具等の誤使用によりやけどを負ったという事故情報が多く寄せられています。
高齢者は若年者に比べて皮膚が薄く、また、運動機能や感覚機能が低下するため重いやけどを負うリスクが高まります。
事故が多発する冬に向けて、特に高齢者に多い事故を防ぐための注意点をお知らせします。

高齢者のやけどに御注意ください!』(消費者庁)

 

マイナンバー制度に便乗した不審な電話等にご注意ください!(第2報)

2015年11月12日 国民生活センター発表

マイナンバーの通知が開始された10月以降、マイナンバー制度に便乗した不審な電話等に関する相談が増加しています。
相談内容をみると、口座番号を聞き出そうとするものや、別のサイトへのアクセスを誘導する不審なメールに関するもの等があります。
マイナンバーの通知や利用手続き等で、家族構成や資産、年金・保健の状況などを公的機関の職員が電話などで聞くことはありません。

マイナンバー制度に便乗した不審な電話等にご注意ください!(第2報)』(国民生活センター)

 

トラブルになってからでは遅い! 結婚式トラブルへの備えとは

2015年11月5日 国民生活センター発表

全国の消費者センター等には「結婚式」をめぐる消費者トラブルが、過去5年間毎年1,000件以上寄せられています。
具体的なトラブル内容は「申込金が返金されない」等、契約段階でのトラブルや、契約後の打合せ段階、
そして、「担当者の手違いで当日の料理が違った」等、結婚式当日のトラブルに関する相談などさまざまです。
中でも多いのは、「契約・解約」に関する相談となっており、そのようなトラブルを未然に防ぐことが重要となります。

トラブルになってからでは遅い! 結婚式トラブルへの備えとは』(国民生活センター)

 

幼児が水で膨らむボール状の樹脂製品を誤飲

2015年10月1日 国民生活センター発表

幼児の嘔吐について、近所の病院を受診したが症状が改善されなかったため当該医療機関を紹介され、
開腹手術した結果、誤飲した異物による十二指腸閉塞になっていたという事故がありました。
異物は吸水によってゼリー状に膨らむボール状のものであり、
当該医療機関から提供された写真等から見て、高吸水性樹脂製品と考えられました。

幼児が水で膨らむボール状の樹脂製品を誤飲』(国民生活センター)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)