ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 市民活動 > ボランティア > 平成30年度市民活動団体支援補助金(事業補助)交付事業
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 市民活動 > 協働 > 平成30年度市民活動団体支援補助金(事業補助)交付事業

本文

平成30年度市民活動団体支援補助金(事業補助)交付事業

平成30年度市民活動団体支援補助金(事業補助)交付事業

平成30年度交付決定事業(事業補助)

 

団体名

事業名

実施予定日      

実施予定
会場

概要

1 特定非営利活動法人あさか市民大学 市民大学「市民講師発掘と公開講座実施」事業

(1)6月15日(金曜日)
(2)7月4日(水曜日)
(3)9月12日(水曜日)
(4)10月11日(木曜日)
以降3月中旬まで

公民館・市民センター・産業文化センター 朝霞市民で目新しい知識や貴重な経験を持つ人に講師をしていただき、市民に生きがい・知的好奇心の育成と生涯学習の場を提供することを目的に、朝霞の隠れた人材や情報を募集して、講座リストを作成する。その中から、年間を通じて6回以上の講座を、公開講座として実施する。また、行政や他の団体への講座紹介も実施する。
2 楽脳体操チーム 健康づくりと芸能の振興の事業 (2)9月9日(日曜日) 中央公民館・コミュニティセンター 市民の脳と心と体の健康づくりと芸能の振興を目的に、小学生~百才が参加する30団体による各種の日舞、民謡、社交ダンス、楽脳体操等を発表する。
3 動物との共生社会を目指す会 Vest. 人と動物の共生を地域住民と考える (1)7月8日(日曜日)
(2)11月
(3)12月
(4)2月
中央公民館・コミュニティセンター 人と動物が共に喜びを感じながら暮らせる環境づくりを目的に、人と動物が共に笑顔で暮らすにはどのように地域住民の理解と協力、また支えあえば良いのか、講演会やセミナーなどを通じて考え、解決策を見つける。
4 特定非営利活動法人朝霞ぐらんぱの会 子どもの健全育成を図る事業 (1)9月30日(日曜日)
(2)11月
(3)1月
(4)2月
中央公民館・コミュニティセンター 子どもと保護者を対象に、手品や科学遊びの講習会を通して、親子間のスキンシップを図り、子ども達に手品や科学に興味を持ってもらうと共に、子育て支援者のスキルアップを向上させる。
5 朝霞基地跡地の自然を守る会 朝霞の森虫捕り観察会事業 (1)7月22日(日曜日) 朝霞の森 市内の保育園、幼稚園時及び小学生を対象に、自然の中で虫捕りと観察を体験することにより生物多様性などの自然環境の大切さなどを学習する。
6 あさか子育てネットワーク 企業と連携した「親子ニコニコ広場」 (1)8月28日(火曜日)
(2)9月21日(金曜日)
(3)10月
(4)12月
(5)1月
(6)2月
(7)3月
マルエツ
朝霞店
朝霞市の「子育て支援」をしているサークル、個人の有志が子育て中の保護者たちの子育てを支援し、又、保護者同士を繋げ子育てが孤立しないように支援することを目的に、マルエツの空きスペースで、「親子ニコニコ広場」を定期的に開催する。
7 あさか市民活動ネットワーク 第9回あさか市民活動まつり (1)1月19日(土曜日) 中央公民館・コミュニティセンター 地域社会への貢献を目的に活動している市内の団体に、日頃の活動状況発表の場を提供し、市民に活動への関心や興味、参加する気持ちを高めてもらい、活動団体間の交流や連携を深める場として、展示、体験、演奏・演芸、模擬店、物品販売等を行うまつりを開催する。
8 ル・スリール 子育て支援 子育て中の保護者及び子ども達を笑顔(ル・スリール)に! (1)6月17日(日曜日)
(2)1月
中央公民館・コミュニティセンター 子育て中の保護者たちが、読み聞かせなどを通して、相互の交流を深め子育てが少しでも楽しいことであることを体験し、家庭教育アドバイザーと一緒に考える。
9 特定非営利活動法人美えな塾 理学療法士によるだっこ紐講座 (1)11月 仲町市民センター 心身共に疲弊しがちな親に子育て支援をすることを目的に、産前産後の体のしくみと赤ちゃんの発達をふまえた快適なだっこ紐のつけ方を学ぶ。
10 朝霞おやこ劇場 ”あそぶ”ということ~子どもの権利条約31条~ (1)10月21日(日曜日) 中央公民館・コミュニティセンター 子どもの権利条約31条を軸に、子どもにとっての余暇、休息、あそびの大切さを再認識し子どもにかかわる大人に広げるために、講師を招いて、講座を行い、その後参加者同志で意見交換を行う。
11 パネルシアターサークルおもちゃ箱 はじめのいっぽ~ママもいっしょにたのしもう~ (1)1月~2月 市内公民館 子どもたちに物語を大勢で観ることの楽しさを感じてもらうと共に、大人には観ること観せることの大切さを伝えるために、未就園児または園児親子を対象としたパネルシアター布芝居等を観せる催しを開催する。
12 特定非営利活動法人メイあさかセンター NPO法人格取得とその後の運営 (1)1月 中央公民館または産業文化センター NPO法人取得後、実際に運営してみて派生する課題を代表のみに任せないで、理事集団がともに経営参画できるにはどうしたらいいのかについて相互研修で学び合う。
13 朝霞市基地跡地の歴史研究会 「朝霞市基地跡地の歴史研究」事業 (1)2月
連続3日間を予定
朝霞市図書館 基地跡地の歴史を中心に調査を行い、情報収集・資料の保存をして、後世に伝えるために、パネル展と講演会を開催する。
14 はぴちるバナナ おもちゃ交換会 (1)8月9日(木曜日) 宮戸市民センター 子育て世代や子どもたちのコミュケーションの活性化、及び子どもたちの社会性を育むために、子どもたちが使わなくなったおもちゃを持ち寄って、交換会を行う。
15 特定非営利活動法人障害者も地域で共に・コーヒータイム 福祉ガイドブック音声化 (1)12月 レモンの木 点字の読めない視覚障害者のために、市が発行する福祉ガイドブックを音声化し、希望者に配布する。

※概要については、補助金申請書等に基づいた内容を掲載しています。

10月実施予定事業

各事業の詳細につきましては、直接、各団体にお問い合わせください。

復原した東京駅と周辺の見学(特定非営利活動法人あさか市民大学) 

戦災で焼けて、2012年、先端技術をおりこみながら昔の形に復原され、リニューアルした「東京駅」。新しい姿の駅と復原工事の跡、知らない東京駅の話題などを、復原工事に関係のある講師に案内してもらいます。

主催/特定非営利活動法人あさか市民大学
日時/平成30年10月11日(木曜日)午前9時30分~午後0時30分
会場/朝霞駅集合 東京駅見学
講師/久良 静雄氏(一級施工管理技士)
定員/20名
費用/300円(交通費、入場料自己負担)
申込方法/電話またはメールで
問合せ/坂本(さかもと)
    電話:090-8680-3018
    メール:sakamoto-kzy@jcom.home.ne.jp

チラシはこちらをクリックしてください。 [PDFファイル/253KB]

“あそぶ”ということ~子どもの権利条約第31条(朝霞おやこ劇場) 

子どもの権利条約、特に31条を中心に、講師を迎え学びます。

主催/朝霞おやこ劇場
日時/平成30年10月21日(日曜日)午前10時30分~午後0時30分
会場/中央公民館・コミュニティセンター
対象/小学生以上
講師/大屋 寿朗氏(NPO法人子どもと文化のNPO Art.31代表)
定員/30名
費用/300円(資料代)
申込方法/電話で
問合せ/朝霞おやこ劇場
    電話:467-5522
    メール:info@asaka-oyakogekijou.org

チラシはこちらをクリックしてください。 [PDFファイル/166KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)