ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書課 > 平成24年7月「走(はしる)」

本文

平成24年7月「走(はしる)」

平成24年7月「走(はしる)」

 皆さんこんにちは。
 うっとうしい梅雨も今月半ば過ぎには明け、もうすぐ夏本番です。毎年朝霞の夏を彩る「彩夏祭」ですが、今年は前夜祭が復活し8月3日(金曜日)から5日(日曜日)の3日間開催されます。昨年は、最終日の夕方、ゲリラ豪雨に見舞われ、残念ながら中止となってしまいましたが、今年はお天気が最後までもってほしいなあと思っています。
 さて、4年に1度開かれるスポーツの祭典オリンピックが、いよいよ今月の27日からイギリスのロンドンで開催されます。私は、毎回、日本代表選手がオリンピックの大舞台で活躍してくれるのを楽しみにしていますが、とりわけ今回は、朝霞第一中学校出身で、現在、埼玉栄高校陸上部に所属している土井杏南(どいあんな)さんが、女子4×100メートルリレーの代表候補に選ばれ、オリンピックに出られそうなので、その行方を注目しています。日本がこの競技の出場権を得るには、7月2日に発表される世界ランキングで16位以内に入っていなければならないのですが、この原稿を書いている時点で12位なので、無事に出場権を獲得できるのではと期待しています。日本が出場権を獲得し、土井さんが代表としてオリンピックに出場すると、16歳11か月という戦後の陸上選手で最年少でのオリンピック出場となり、本当にすごいことです。土井さんは、朝霞第一中学校に在学中の2、3年生の時に全日本中学校陸上競技選手権大会の女子100メートルを連覇した実力の持ち主で、高校2年生の今年は、5月の埼玉県高校総合体育大会陸上競技大会で、高校新記録となる11秒43を記録したほか、6月の日本陸上競技選手権大会の決勝では、好スタートから70メートルくらいまで首位を守り、残念ながら最後は日本記録保持者の福島千里(ふくしまちさと)選手に抜かれてしまいましたが、2位という素晴らしい順位でした。代表候補に選ばれただけでもすごいことですが、土井さんがオリンピックスタジアムで華麗に駆け抜ける勇姿を是非見たいと思っています。
 また、陸上自衛隊朝霞駐屯地内にある自衛隊体育学校から12人、さらに市内在住で元自衛隊体育学校の方1人の合計13人もの方々が、様々な競技に出場します。朝霞市に縁のある方だけでなく、出場するすべての選手の皆さんが日本に元気を届けてくれるのを期待しています。ではまた。

朝霞市長 富岡 勝則