ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書課 > 市長コラム平成22年10月 「勝(かつ)」

本文

市長コラム平成22年10月 「勝(かつ)」

平成22年10月 「勝(かつ)」

 皆さんこんにちは。
 暑かった夏がようやく終わりました。35度を超える猛暑日の回数も過去最高を記録したということです。私は晴れた日は毎朝ランニングを日課としていますが、今年は走っていて本当に暑かったので、水分をたくさんとって何とか乗り切りました。秋本番、これからはスポーツや読書に最適の季節です。皆さんは深まりゆく秋をどのように満喫していますか。 さて、うれしいお知らせがあります。8月に鳥取県で行われた「全国中学校陸上競技大会」女子100メートル決勝で、朝霞第一中学校の土井杏南さんが、11秒61の中学新記録で、昨年に続き2連覇を達成しました。また、女子4×100メートルリレーでも、西野愛美さん、金子由衣さん、笹川遥菜さん、土井杏南さんの朝霞第一中学校が優勝し、この競技でも昨年に続き2連覇を達成しました。私は本当にうれしく思うとともに、「彼女たちの小柄な体のどこにこれだけのパワーがあるのかな」と感心させられました。さらに今年は、女子1500メートルで、朝霞第三中学校の中川文華さんが、4分25秒59で見事に優勝しました。決勝レースの駆け引きの中、残り200メートル余りのところで上位集団の中から抜け出した中川さんの強さは素晴らしいものでした。ゴール直前で2位の選手に追いつかれそうになってしまいましたが、最後は粘り強さで勝つことができて本当によかったと感じました。笹川さんと中川さんはまだ2年生ということなので、来年の活躍も期待しています。 私もテレビで応援しながら、朝霞の子どもたちの活躍に本当に感動しました。そして「スタンドでみんなといっしょに声を出して応援したかったな」と思いました。 市内には、スポーツに限らず芸術や文化活動でも関東大会や全国大会を目指してがんばっている子どもたちがたくさんいます。私は朝霞の子どもたちが、いろいろな場所で活躍できるよう、これからもできる限り応援していきたいと考えています。
ではまた。

朝霞市長 富岡 勝則