ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書課 > 市長コラム平成22年2月 「励(はげます)」

本文

市長コラム平成22年2月 「励(はげます)」

平成22年2月 「励(はげます)」

 皆さんこんにちは。早いもので新年も一か月を過ぎ、暦の上ではもうすぐ春を迎えます。春とはいってもまだまだ寒い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしですか。
 さて、昨年から世間を騒がせていた新型インフルエンザですが、埼玉県から出されていた警報も1月13日に解除されるなど、ようやく落ち着いてきたようです。新型インフルエンザの流行で、市の行事の一部が中止になったり規模を縮小したりしていたので、私も正直ほっとしています。でも、まだ終結宣言が出たわけではなく、季節性のインフルエンザはこれからが流行の本番です。市としても引き続き広報やホームページ等で新型インフルエンザ情報を配信したり、公共施設入口の消毒液の設置を行っていきますので、皆さんもまだまだ気を抜かないようにしてください。もちろん、手洗い、うがい、咳エチケットも忘れないようにお願いします。
 ところで、1月11日(月曜日)に、ゆめぱれすで行われた平成22年朝霞市成人式に参加しました。当日は天気も良く、会場では真新しいスーツや振り袖姿の新成人たちが、懐かしい友達を見つけては写真を撮ったりして、いたるところで笑顔があふれ、大変ほほ笑ましく感じました。私は、友達は一生の宝物だと思っています。新成人の皆さんには、「朝霞」という同じ故郷を持つ者、いわゆる「竹馬の友」として今後も活発に交流を続け、この朝霞のまちを大いに盛り上げていただければと思います。また、当日の式典ですが、今年も音楽成人式ということで、東洋大学管弦楽団の皆さんのご協力をいただき行われました。毎年、各地で酒に酔った新成人が暴れ、逮捕されたという報道がありますが、当日は、多少騒がしかったものの、無事に式典を終了することができました。新成人の皆さんには、社会の一員として、その場に合った態度や服装、言葉使いなどきちんとしたマナーを身に付けてもらい、少し前にはやった言葉で言うと、「KY(空気読めない)」にならないよう、きっちりと責任を果たせる社会人になってもらいたいと思っています。
 皆さんの今後のご活躍を心から期待しています。
 ではまた。

 朝霞市長 富岡 勝則