ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > ようこそ市長室へ > 市長コラム > 市長コラム平成27年8月「催(もよおす)」

本文

市長コラム平成27年8月「催(もよおす)」

平成27年8月「催(もよおす)」

 皆さんこんにちは。
 学校に通われている皆さんは、ちょうど夏休みの最中なので、レジャーやスポーツなどいろいろなことをして、楽しんでいる頃ではないでしょうか。仕事をしている大人からすると、少し羨ましく思います。夏休みは、ひと月以上の長い期間ですが、過ごし方次第ではあっという間に過ぎてしまうので計画的に活用してください。
 さて、この広報あさか8月号がお手元に届く頃には、毎年恒例の朝霞市民まつり彩夏祭が開催されていることと思います。今年は7月31日から8月2日の3日間で、お祭りを華やかに彩る鳴子踊りには、96チームもの多くのチームのご参加をいただいています。何といっても今年の目玉は打ち上げ花火で、昨年の約7,500発を上回る、約9,000発を打ち上げる予定です。市街地で間近に見られる朝霞の花火は、とても迫力があると好評ですが、さらに連続で打ち上がる花火を楽しみにしていただきたいと思います。多くの皆さんに楽しんでいただいている彩夏祭ですが、今年も充実した3日間になることを期待しています。
 ところで、博物館では、夏休みシーズンということもあり、お子さんや小学生を対象にしたイベントを開催しています。「みんなあーちすと」(8月23日まで)は、スタッフと一緒に、自分や家族の顔を自由に描いてみるイベントで、出来上がった作品は9月にギャラリーで展示されますので、ぜひ、ご参加ください。また、夏のテーマ展示「植物・動物と大昔のくらし」(8月30日まで)では、ニホンカモシカ、ムササビなど二十数体の動物の剥製や植物の標本などを展示していて、大昔に人が自然を利用して、どんな暮らしをしていたのかを知ることができます。夏休みの宿題の参考にもなると思いますので、ご家族やお友達と訪れていただき、楽しみながら、新しい発見や学習の機会にしていただければと思います。詳しくは、博物館(Tel 469―2285)までお問い合わせください。
 夏の本番はこれからです。夏バテしないポイントは、十分な睡眠と食事だそうです。暑いからと、冷たいものを食べ過ぎたり、飲み過ぎたりして、体調を崩さないように気をつけてお過ごしください。
 ではまた。

 朝霞市長 富岡 勝則