ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 教育・文化 > 学校教育 > 朝霞市教育委員会 > 市内小学校での新型コロナウイルス感染症事例の発生
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 感染症 > 朝霞市教育委員会 > 市内小学校での新型コロナウイルス感染症事例の発生

本文

市内小学校での新型コロナウイルス感染症事例の発生

5月17日 午後5時30分更新

 念のため受検していたPCR検査の結果、全員陰性だったため、5月17日(月曜日)から通常授業を行っています。

 

5月14日 午後7時更新

 令和3年5月14日(金曜日)に9校の小学校で学級閉鎖としていましたが、1学級を除き17日(月曜日)から通常授業となります。

 1学級については、濃厚接触者はいませんが、念のためPCR検査を受検中。

 

5月13日 午後3時更新

 令和3年5月11日(火曜日)に、健康増進センター(わくわくどーむ)に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染していることが判明し、こども水泳教室に参加した児童27人がPCR検査を受検しました。

 市内小学校の児童2名が新型コロナウイルスに感染したことが5月13日(木曜日)に判明いたしました。

 学校内での濃厚接触者の範囲については、まだ、確定しておりませんが、念のため、対象児童27人が在籍している9校のクラスを、5月14日(金曜日)は学級閉鎖としました。

 なお、該当学校では、既に校内の消毒作業を終えており、他のクラスは通常登校としております。