ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ファミリー・サポート・センターのご案内

朝霞市ファミリー・サポート・センター
朝霞市本町1-1-1(朝霞市役所2階)
電話:048-483-4501
ファクス:048-483-4538

ファミリー・サポート・センター

朝霞市役所本庁舎2階

交通のご案内

東武東上線朝霞駅南口下車徒歩5分
国際興業バス、西武バス朝霞市役所バス停下車
市内循環バスわくわく号朝霞市役所バス停下車

駐車場のご案内

71台収容(うち、障害者用2台)

開所時間

月~金曜日 午前9時~午後5時

休所日

土曜日、日曜日、祝日、年末年始

活動内容

子育ての援助をしてほしい方(ファミリー会員)と子育ての手助けができる方(サポート会員)に会員となっていただき、センターがファミリー会員の援助依頼内容や要望にお応えできるサポート会員を紹介し、会員同士による相互援助活動を行うことにより、子育て家庭を支援する有償のボランティア活動を行う会員組織です。

※会員になるためには入会説明会等への参加が必要です。令和4年度の日程は下記のとおりです(事前申し込み必要)。個別説明も行っていますので、詳細についてはセンターまでお問い合わせください。

令和4年度入会説明会日程

令和4年9月3日(土曜日)
10時~11時
会場:中央公民館・コミュニティセンター
定員:20人(うち保育は先着9人まで)

事前申し込み:令和4年8月1日(月)9時から、電話または窓口で受け付けます。

 

令和5年2月25日(土曜日)
10時~11時
会場:中央公民館・コミュニティセンター
定員:20人(うち保育は先着9人まで)

事前申し込み:令和5年2月1日(水)9時から、電話または窓口で受け付けます。

令和4年度サポート会員養成講習会

令和4年11月9日(水)、15日(火)、25日(金)
9時~12時
会場:中央公民館・コミュニティセンター
定員:20人(うち保育は先着9人まで)

サポート会員として活動するためには、全日程の受講が必要です。

事前申し込み:令和4年10月3日(月)9時から、電話または窓口で受け付けます。

ファミリー会員 子育ての援助をしてほしい方

市内在住、在勤の方で生後2か月から小学6年生までのお子さんがいる方

援助できる内容

  1. 保育園、幼稚園、小学校および放課後児童クラブなどへの送迎を行うこと
  2. 保育施設等の始業時間前または終業時間後、預かること
  3. 冠婚葬祭、兄弟姉妹の学校行事の際、預かること
  4. 買い物、リフレッシュなど外出の際、預かること
  5. 病院などの付き添い
  6. ファミリー会員宅での育児援助
  7. その他、ファミリー会員の仕事や育児のために必要な援助を行うこと

※実際に援助活動に入る前に事前の打ち合わせ(顔合わせ)があります。下記様式をご準備のうえ打ち合わせにお越しください。
健康連絡票 [Wordファイル]
健康連絡票 [PDFファイル]
事前打ち合わせチェック項目 [Wordファイル]
事前打ち合わせチェック項目 [PDFファイル]
事前打ち合わせ連絡票 [Excelファイル]
事前打ち合わせ連絡票 [PDFファイル]
自己紹介カード [Wordファイル]
自己紹介カード [PDFファイル]
※援助活動は、土・日曜日、祝日、早朝および夜間の活動を含みますが、宿泊を伴う援助活動は行いません。
※会員(市民)相互による活動ですので、依頼の内容により対応できる会員が紹介できない場合があります。
※お子さんが病気の時のお預かりはできません。

ファミリー会員からサポート会員にお支払いいただく30分当たりの利用料

利用時間 利用料
月曜日~土曜日 午前7時~午後7時 360円/30分
月曜日~土曜日 上記以外の時間 420円/30分
日曜日・祝日および年末年始 終日 420円/30分

※利用料は直接サポート会員にお支払いただきます。
※その他食事代や交通費など、実費等がかかった場合はその費用をお支払いただきます。
○センターでは、万一の事故に備え、ファミリー・サポート・センター補償保険に加入しています。保険料は市で負担しています。

サポート会員 子育ての手助けができる方

市内在住で20歳以上の健康な方(育児ボランティアに理解と熱意がある方なら特に資格は必要ありませんが、活動に必要な知識や技術を身につけていただくために市主催の講習会等に参加していただきます。)

Q&A

Q.パートの仕事をしているのですが、お手伝いできますか?
A.空いているお時間にお手伝いしていただければ大丈夫です。

Q.家で預かるのは、ちょっとできないのですが、他に何かお手伝いすることができますか?
A.お家でのお預かり以外に、こんな依頼があります。
出産前後の上のお子さんの保育施設の送迎
習い事の送迎
ファミリー会員が外出の際の、児童館や子育て支援センターでのお預かり
ファミリー会員が病院や美容院に行く際の付き添い
ファミリー会員のお宅でのお手伝い

Q.お預かりする場所は決まっていますか?
A.ファミリー会員さんのご依頼に沿うようにしています。サポート会員さんのお宅以外にも、ファミリー会員宅、子育て支援センター、児童館などでもお預かりしていただいています。

Q.サポート会員の年齢や資格制限はありますか?
A.年齢や資格制限は設けておりません。お子さんが好きで子育てにご協力いただける方でしたら、大丈夫です。

援助活動における感染予防のための基本ルール

援助活動を円滑に行うにあたって、新型コロナウイルス感染症の感染を予防するために、以下のとおりの対応をお願いしております。

事前打ち合わせや援助活動前の体調確認について

  • 事前打合せや援助活動日は、ファミリ-会員、サポート・両方会員、援助を受けるお子さんを含め、ご家族全員の体調確認をお願いします。(鼻水・咳・のどの痛み・だるさがないか、検温による健康観察など)
  • ファミリー会員、サポート・両方会員、援助を受けるお子さんを含め、ご家族のどなたかが体調がすぐれない時や新型コロナウイルス陽性者または濃厚接触者となった場合(感染の疑いがある場合)は、事前打ち合わせや援助活動を中止する場合がございます。
事前打ち合わせや援助活動中止の事例
  • 事前打ち合わせや援助活動日に、ファミリー会員、サポート・両方会員、援助を受けるお子さんが、体調不良やあきらかに発熱(37.5度以上)している場合。
  • 事前打ち合わせや援助活動日までに、ファミリー会員、サポート・両方会員、援助を受けるお子さんが発熱し、解熱後24時間以上経過してない。または、解熱後24時間以上経過していても、息苦しさ・咳・のどの痛みなどの症状が改善していない場合。
  • 事前打ち合わせや援助活動の場所が、感染防止に配慮した環境になっていないと判断される場合。

事前打ち合わせや援助活動中における接触・飛沫対策

  • 必ずマスクを着用して下さい。(不織布マスク推奨・・・飛沫の拡散、吸い込みが他のマスクに比べて少ない)
  • こまめな手指消毒と換気(30分に1回程度)をお願いします。
  • できる限り可能な範囲で間隔を開けて接するようにして下さい。
  • 援助活動時の食事介助は、子どもの唾液が飛びやすいので正面からは避け、できるだけ横から介助をするように心がけて下さい。
  • 援助活動時の食事介助は、子どもの唾液がつく可能性があるので、普段以上に援助者はご自身の手で目・鼻・口に触れないように気を付けて下さい。
  • トイレ後や食後の片付け後には、必ず流水・石鹸で手洗いをしてから手指消毒をして下さい。
  • 長時間にわたるお預けは、できるだけお控えください。

車での送迎活動における接触・飛沫防止対策

  • 車内はできるだけおしゃべりを控えて下さい。
  • 車内は窓を開けて換気して下さい。※車内エアコンは「外気循環モード」
  • 車内をこまめに消毒して下さい。(ドアノブ・シート・各種操作ボタンなど)

事前打ち合わせ後や援助活動後の対応

  • 事前打ち合わせ後や援助活動後3日以内に、ファミリー会員、サポート・両方会員、援助を受けたお子さんやご家族が、新型コロナウイルス陽性者または濃厚接触者となった場合必ずセンターに連絡を入れていただき詳細をお知らせ下さい。

関連ページ
新型コロナウイルス感染症の対応について
内閣府ホームページ(外部ページ)
新型コロナウイルス感染症について
厚生労働省ホームページ(外部リンク)

ファミリー・サポート・センターリーフレット

表面 [PDFファイル]

裏面 [PDFファイル]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)