ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 公共施設一覧 > 市庁舎 > 庁舎施設耐震化事業プロポーザル(再公募)

庁舎施設耐震化事業プロポーザル(再公募)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月16日更新

本庁舎耐震化プロポーザル(再公募)の募集は終了しました。

 以下の内容は、参考として掲載しています。

プロポーザルまでの経緯

 平成20年度に実施した耐震診断の結果、市庁舎の本館と議場棟については、耐震強度が不足していることが明らかになりました。これを受け、「朝霞市庁舎等整備方針検討委員会」による提言において、市庁舎は耐震改修を行うことが適切であると結論づけられました。市としても提言内容を十分に尊重し、「朝霞市庁舎等の耐震化方針」において、市庁舎を耐震改修することに決定しました。
 平成26年6月から7月にかけて公募を実施しましたが、工事に必要となる金額に対して上限額が十分でないなどの理由により、応募者がありませんでした。
 そこで、上限額をはじめとする内容を見直して、再度公募を実施します。

プロポーザルの公告

 市役所を訪れる多くの市民の命を守るとともに、災害発生後の市民の生命や財産を守る拠点として、市役所が十分にその機能を発揮できるようにするために、市庁舎の耐震改修工事を実施します。事業者の選定にあたっては、設計・施工・工事監理を一体とした「公募型プロポーザル」により、最も優れた提案をしていただいた事業者を契約の相手方として選定します。

プロポーザルの概要

 朝霞市庁舎施設耐震化事業の契約候補者を、公募型プロポーザル方式により選定するため、朝霞市庁舎施設耐震化事業プロポーザル実施要綱第5条の規定に基づき次のとおり公表します。

1 事業名称朝霞市庁舎施設耐震化事業
2 事業内容(1)朝霞市庁舎本館の免震工法による耐震改修工事
(2)朝霞市庁舎議場棟の耐震改修工事
(3)これらに付随して必要となる関連工事
(4)これらの工事の設計業務及び工事監理業務
3 事業完成期限平成29年9月30日まで
4 応募資格要件法人(単体企業)、特定建設工事共同企業体(JV)またはコンソーシアム(三者連名契約によるもの)が参加できます。詳しくは、応募要領書をご覧下さい。
5 事業費総額 17億2,800万円(税込)
6 スケジュール(予定)第一次審査
 平成26年 9月29日 公告
 平成26年10月10日 質疑提出期限、現地調査受付期限
 平成26年10月17日 質疑に対する回答
 平成26年10月22日 応募手続き期限
 平成26年11月上旬 第一次審査の実施
 平成26年11月上旬 第一次審査結果の通知
第二次審査
 平成26年11月中旬下旬 現場説明、現場調査
 平成26年12月 5日 質疑提出期限
 平成26年12月12日 質疑に対する回答
 平成27年 1月21日 提案書類提出期限
 平成27年 1月下旬  ヒヤリング、第二次審査の実施
 平成27年 2月中旬  審査結果の通知、公表
7 審査方法朝霞市庁舎施設耐震化事業プロポーザル選定委員会による第一次審査及び第二次審査の採点結果に基づき、最優秀者を決定します。
・第一次審査は、応募資格に関する審査を行います。
・第二次審査は、仕様書に定める内容の設計、工事及び工事監理に関する審査を行います。詳しくは、審査基準書をご覧下さい。

プロポーザル資料のダウンロード

朝霞市庁舎施設耐震化事業プロポーザル応募要領書 [PDFファイル/562KB]

朝霞市庁舎施設耐震化事業プロポーザル仕様書 [PDFファイル/593KB]

(仕様書添付図面)その1 [PDFファイル/502KB] ・ その2 [PDFファイル/283KB]
            その3 [PDFファイル/1.05MB] ・ その4 [PDFファイル/646KB]

朝霞市庁舎施設耐震化事業プロポーザル審査基準書 [PDFファイル/346KB]

朝霞市庁舎施設耐震化事業プロポーザル応募書類様式 [PDFファイル/748KB] (様式のWord版はこちら [Wordファイル/346KB]

なお、PDFファイルのうち赤色文字で表記している部分は、前回公募から変更のあった箇所です。

プロポーザル関連の参考資料

朝霞市庁舎施設耐震化事業プロポーザル選定委員会条例 [PDFファイル/82KB]

朝霞市庁舎施設耐震化事業プロポーザル実施要綱 [PDFファイル/81KB]

プロポーザル選定委員会の会議結果

朝霞市庁舎施設耐震化事業プロポーザル選定委員会の会議結果は、以下のリンク先でご覧いただけます。

プロポーザルの結果公表

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)