ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 公共施設一覧 > 市庁舎 > 庁舎施設耐震化事業プロポーザルの結果公表

庁舎施設耐震化事業プロポーザルの結果公表

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月16日更新

 朝霞市庁舎施設耐震化事業プロポーザルは、平成27年1月27日の第3回選定委員会において最優秀者が決定しましたので、経過と結果について以下のとおり公表します。

プロポーザルの経過と結果

プロポーザルの概要

1 事業名称

朝霞市庁舎施設耐震化事業
2 事業内容(1)朝霞市役所庁舎の本館及び議場棟の耐震改修工事
(2)これに付随して必要となる関連工事
(3)これらの工事の設計業務及び工事監理業務
3 事業完成期限平成29年9月30日まで
4 事業費上限額総額 17億2,800万円(税込)

プロポーザルの経過

平成26年5月29日

第1回選定委員会(応募要領、審査方法等の決定)

平成26年6月30日

公募開始

平成26年7月23日

応募期限(応募者なし)

平成26年9月29日

再公募開始(事業費上限額見直し)

平成26年10月22日

応募期限(応募者1者)

平成26年11月4日

第2回選定委員会(第一次審査実施)

平成27年1月27日

第3回選定委員会(第二次審査実施、最優秀者決定)

審査の経過

 

審査項目

審査経過

第一次審査

(1)資格審査
 参加資格要件、施工実績、配置予定技術者
・申込のあった1者について審査を実施しました。
・この1者は参加資格ありと認められました。

第二次審査

(1)技術審査
 耐震性能の確保、設計条件、施工条件、地域貢献、経済性、総合評価
(2)価格審査
 提案価格、ライフサイクルコスト
・第一次審査を通過した1者に対して第二次審査を実施しました。
・1者から技術提案書が提出され、内容に問題がなかったため、ヒヤリングを実施しました。

審査結果

最優秀者

戸田建設株式会社関東支店

評点合計

1,299.5点 (1,500点満点)

提案工法

本館:免震工法   議場棟:耐震工法

提案価格

総額 17億2,584万円(税込)

事業期間

平成27年4月~平成29年9月 (2年6ヶ月)
 設  計  平成27年4月~平成27年11月 (8ヶ月)
 工  事  平成27年12月~平成29年9月 (1年10ヶ月)
 工事監理 平成27年12月~平成29年9月 (1年10ヶ月)

選定理由

 耐震性能については、必要かつ十分な水準が確保されており、本館と議場棟で工法を変えることにより、経済性にも配慮した計画であると考えられます。工期は平成29年9月末竣工で要求水準の範囲内であり、工事期間中及び工事後の庁舎機能を損なうことなく、工事期間中の安全面も十分配慮されています。
 なお、今回のプロポーザルは、応募者が1者であり比較対象がないことから、提案された内容が実施案として適切であるかどうかの視点から、十分に検討を行いました。その結果、現在の庁舎の状況をよく調査・検討したうえで作成された合理的な提案であると評価されることから、本案は実施案として適切であると判断しました。

選定委員

委員長

廣澤 雅也

工学院大学名誉教授

副委員長

安達 洋

日本大学名誉教授

委 員

桑子 喬

一般社団法人埼玉建築設計監理協会会長

プロポーザル審査関連資料

 庁舎施設耐震化事業プロポーザル選定結果 [PDFファイル/269KB]

第1回選定委員会会議録(平成26年5月29日) [PDFファイル/484KB]
第2回選定委員会会議録(平成26年11月4日) [PDFファイル/270KB]
第3回選定委員会会議録(平成27年1月27日) [PDFファイル/428KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)