ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者

洪水避難マップを見る

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月6日更新

洪水避難マップは、表面・裏面の2面で構成されています。
表面は、現在の整備状況で、大雨による洪水で荒川と新河岸川および黒目川がはん濫した場合を想定した浸水範囲と浸水の深さ(浸水想定区域) や、避難場所などを航空写真上に記載しています。

対象としている大雨の規模は、次のとおりです

荒川

200年に1回程度の大雨、3日間雨量548mm
昭和22年9月のカスリーン台風のときに観測された降雨量446mmの1.2倍

新河岸川・黒目川

100年に1回程度の大雨、2日間雨量333mm
昭和57年9月の台風18号のときに観測された降雨量246mmの1.4倍


裏面には、水害について、日頃から市民の皆さんに知っておいていただきたい情報や、水害時に避難する際に役立てていただきたい情報を掲載しています。

洪水避難マップ(表)修正版 [PDFファイル/616KB]
洪水避難マップ(表)修正版 概要

洪水避難マップ(裏)修正版 [PDFファイル/844KB]
洪水避難マップ(裏)修正版 概要

防災情報の収集はこちら
洪水対策全般はこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)