ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 防災・防犯・消防 > 防犯 > 朝霞市空き家等の適正管理に関する条例を施行します。

朝霞市空き家等の適正管理に関する条例を施行します。

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月27日更新
平成25年10月1日から
朝霞市空き家等の適正管理に関する条例を施行します。

本来、建物は所有者などが適正に管理するべきですが、放置されたままの空き家は、老朽化等により損壊の危険性が生じたり、害虫の発生や雑草の繁茂、不審者の侵入による火災や犯罪の誘発に対する不安など、地域社会にさまざまな影響を及ぼす存在になりかねません。
このようなことから、市では新たに条例を定め、空き家等の周囲における良好な生活環境の確保を進めます。

条例の内容

・所有者等は空き家等を適正に管理する責務があります。
・市は管理不全な空き家等に対して、立入調査等を行います。
・管理不十分な空き家等の所有者等に対して、市は指導、勧告、命令を行うことができます。
・正当な理由なく命令に従わない所有者等は、住所、氏名、命令違反の事実などを公表します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)