ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者

家庭保育室

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月13日更新

家庭保育室とは

 家庭保育室とは、保護者の労働または傷病等の事由により保育が困難となる0歳児(生後8週間以上)から2歳児までの乳幼児を保育する認可外保育施設で、自宅等を開放して実施している施設をいいます。
参考:H30年度朝霞市指定家庭保育室のご案内 [PDFファイル/5.66MB]

朝霞市の指定家庭保育室とは

 朝霞市の指定家庭保育室とは、朝霞市家庭保育室実施要綱別表第1(第2条関係)に掲げる基準等を満たしている保育施設をいいます。
 市外の施設で申請のあった場合は、上記の基準を満たし、かつこの施設の所在を有する市町村の指定を平成26年4月1日以前に受けていれば、調査の上で朝霞市の指定家庭保育室となります。
 なお、朝霞市内に所在を有する施設については、新規指定は行っておりません。

対象年齢は

 0歳からですが、受け入れできる月齢は各家庭保育室で異なりますので、ご確認ください。

保育時間は

 原則として一日8時間ですが、保護者の勤務時間等により延長できる場合があります。また、時間単位で一時保育を実施している施設もあります。
 詳細は、各家庭保育室にお問い合わせください。

入室するには

 入室を希望する家庭保育室に直接お申し込みください。

保育料は

 各保育室で保育料、給食費、入室料等を定めています。詳しくは入室を希望する家庭保育室にお問い合わせください。

保育料の補助金について

 保護者の保育料負担の軽減を図るため、市内に住民登録を有する方の保育料について補助金を支給します。

 詳細については、こちらのページをご覧ください。

一時保育について

 一時保育を実施する朝霞市指定家庭保育室(市内)に補助金を交付しています。保護者の方は、各家庭保育室が定める保育料から補助額を差し引いた額を負担することで利用できます。お申し込みは各家庭保育室へお問い合わせください。

 ・一時保育を実施している保育室・・・家庭保育室一覧をご覧ください。

 ・補助対象・・・0~2歳児のお子さんで、以下の(1)~(3)に該当する場合

          (1) 月64時間未満の就労

          (2) 病気・看護・災害・冠婚葬祭などの緊急の事由

          (3) 買い物・食事など、在宅家庭等リフレッシュの事由

 ・補助金額・・・30分あたり200円

   ※常時、家庭保育室を利用している方(月半数以上の利用があり、補助金を受け取っている方)は、一時保育での補助金は対象外です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)