ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者

家庭保育室Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

家庭保育室Q&A

Q1 家庭保育室とはどのような施設ですか?

A1 家庭保育室とは、朝霞市独自の設置基準に沿って運営している「認可外の保育施設」です。

Q2 入室の基準とは?

A2 保護者の労働または傷病等の事由により保育が困難となる0歳児(生後8週間以上)から2歳児までの乳幼児が入室できます。

Q3 保育料はいくらですか?

A3 家庭保育室により異なります。保育料は、「H30年度朝霞市指定家庭保育室のご案内 [PDFファイル/4940KB]」にも掲載していますが、詳しくは施設へお問い合わせください。

Q4 家庭保育室に預けた場合、補助制度はありますか?

A4 次の1~4のすべてに該当する乳幼児を預けた場合には保育料の助成をしています。

1. 朝霞市内在住であること。

2. 0歳児(生後8週間以上)から2歳児であること。

3. ひと月の半数を超える期間、在籍していること。

4. 保護者が下記の理由のいずれかに該当し、お子さんを保育することができないと認められた場合。

・保護者が常時仕事をしている場合
・母親が出産前後で、子どもを保育できない場合(この場合の入所期間は、出産月を中心に産前2ヶ月、産後2ヶ月までの5ヶ月以内とします。)
・病気・負傷、または心身に障害があるため子どもの保育ができない場合
・長期にわたる病気や、心身に障害のある親族などがいるため、常時その人の介護または看護をしなければならない場合
・震災、風水害、火災その他の災害の復旧にあたっている場合
・求職活動(起業の準備を含む)を継続的に行っている場合
・就学若しくは職業訓練を受けている場合
・子どもへの虐待や配偶者からのDVのおそれがある場合
・育児休業取得時に、既に保育施設を利用しており、継続利用が必要である場合
・その他市長が認める上記に類する状態にあるため、子どもの保育ができない場合

※ 常時とは、勤務時間等の保育を必要とする時間が月64時間以上のことをいいます。

Q5 育児休業中でも補助金は受け取れますか?

A5 入室月の翌月初日までに復職すれば補助金の対象です。
入室後、2子以降の出産による育児休業中における在室児童の保育料補助については、出生児童が1歳になった年度末の翌月末(4月末)までとさせていただきます。

Q6 一時保育での利用は可能ですか?

 A6 一時保育を行っている家庭保育室での利用となります。なお、当日の受け入れ状況により、利用できない場合もございます。詳しい内容やお申し込みは、各家庭保育室へ直接お問い合わせください。

Q7 一時保育に補助金はありますか?

 A7 月64時間未満の就労、病気・看護・災害・冠婚葬祭などの緊急の事由、または在宅家庭等のリフレッシュの事由による利用の方です。
 ただし、常時、家庭保育室を利用している方(月半数以上の利用があり、補助金を受け取っている方)は、一時保育での補助金は対象外です。

 Q8 一時保育の補助額はいくらですか?

 A8 一律30分200円です。
 ただし、補助額の上限は、月額53,000円となります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)