ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報 > 報道発表資料 > 【記者発表資料】「朝霞市待機児童緊急対策」を策定しました

【記者発表資料】「朝霞市待機児童緊急対策」を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月29日更新

実施月日

 平成29年8月23日(水曜日)

主催者・関係者

朝霞市 (福祉部 保育課)

内容等

本市では、0歳から5歳までの就学前児童の人口が7,800~8,100人で推移する中、保育園等の入所申込者は年々増加し、待機児童は、平成23年度には116人に達しました。

こうした保育需要に応え、かつ、待機児童の解消に向けて、認可保育園の新設等による定員の拡充を進めた結果、平成26年度には38人まで減少することができました。

しかし、平成26年度を境に、入所申込者は、定員の拡充を上回る状況で増加を続け、平成29年度の待機児童は114人(旧定義58人)と以前の水準に戻りつつあります。

こうした状況を踏まえて、「朝霞市子ども・子育て支援事業計画」に定める平成31年度の待機児童の解消に向けて、「朝霞市待機児童緊急対策」を策定しました。

 

◆緊急対策1 認可保育園及び小規模保育施設等の新設による定員の拡大

◆緊急対策2 幼稚園の預かり保育の拡充

◆緊急対策3 保育士の処遇改善及び保育士確保のための支援

◆緊急対策4 市指定家庭保育室への支援の継続予算・人員等

問い合わせ

朝霞市 福祉部 保育課

            Tel048-463-1111 内線 2644

            Tel048-463-2939(直通)