ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報 > 報道発表資料 > 【記者発表資料】~認知症サポーター フォローアップ講座~「徘徊高齢者声かけ訓練IN 東洋大学」

【記者発表資料】~認知症サポーター フォローアップ講座~「徘徊高齢者声かけ訓練IN 東洋大学」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月29日更新

実施月日

 平成29年9月24日(日曜日)  午前9時~正午

会場・開催地等

東洋大学 朝霞キャンパス(朝霞市岡48-1)

主催者・関係者

主 催:朝霞市、市内の地域包括支援センター(内間木苑 つつじの郷 モーニングパーク ひいらぎの里 朝光苑)

協 力:東洋大学(ライフデザイン学部)、朝霞市社会福祉協議会、朝霞警察(生活安全課)

内容等

【徘徊高齢者への声かけ訓練の実施】

(実施の目的)

認知症サポーター養成講座受講修了者及び朝霞市と見守り協定を締結しております企業を対象に、街で気になる認知症かもしれない高齢者を見かけたとき、そのままにせず、すすんで声掛けを行い、関係機関へ繋ぐことができるようになることを目指し、訓練を実施しております。

また、市内にキャンパスのある東洋大学の学生と、見守り協定を締結している企業の方と、地域住民のサポーターの方々が一同に介し、共に訓練に参加することで、街ぐるみのつながりづくりも育みます。

この事業をとおし、認知症への理解の浸透を図り、認知症になっても安心して暮らせる街づくりを進めます。

*認知症サポーター養成講座 ⇒ 認知症についての知識と対応について学ぶ講座 

 

(実施内容)

1.徘徊高齢者への声かけについて、目的等の説明

2.声かけの仕方を紹介し、ポイントについて学習

3.声かけの模擬訓練の実施

 10人程度のグループに別れ、キャンパス内7箇所のポイントを、順番に移動しながら、徘徊している高齢者役の方に、参加者全員が声かけを行う。

4.訓練の振りかえり(学び・感想の共有)

予算・人員等

参加予定人数:約70人  予算:4,000円(傷害保険料)

その他

*「朝霞市と学校法人東洋大学との連携協力に関する包括協定」を締結していることから、ライフデザイン学部及び本名靖教授のご協力の元、平成28年度より東洋大学朝霞キャンパスを会場として学生の皆さんと共に、訓練を実施しております。

*本年度につきましては、現在朝霞市と見守り協定を結んでいる企業に対し、訓練への参加依頼を行っております。

 見守り協定を締結されている企業(平成29年8月17日現在)

・生活協同組合コープみらい ・ヤマト運輸株式会社 ・株式会社リゾン ・株式会社セブン-イレブン・ジャパン ・生活協同組合パルシステム ・日本郵便株式会社

問い合わせ

朝霞市 健康づくり部 長寿はつらつ課 高齢者支援係

            Tel048-463-1111 内線 2633~4

            Tel048-463-1921(直通)