ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者

重要文化財 旧高橋家住宅

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月14日更新

 旧高橋家住宅は、江戸中期、18世紀前半の建築と推定される、木造平屋建て・茅葺の農家建築で、平成13年11月14日付けで国の重要文化財に指定されています。主屋を中心に、納屋・倉・木小屋・井戸小屋・祠などの付属屋が主屋の周りに位置し、周囲には雑木林や畑が広がる、往時の武蔵野の農家の風景がしのばれる環境となっています。なお、雑木林や畑など周囲の環境も、建造物とともに武蔵野の農家景観を伝えているところから、敷地についても重要文化財に指定されています。
 また、主屋については、建築当初から使われている部材に残された加工の痕跡などがあり、保存整備にあたっては、詳細に調査した結果をもとに、建築当初の姿に復原し、平成20年10月1日に開園しました。
 当園では、朝霞の年中行事や催物を実施しており、これらを通して当時の生活をしのび、郷土「朝霞」へ一層の愛着を深めていただければ幸いです。

主屋(オモヤ)

旧高橋家住宅主屋

  建築年代は18世紀前半、桁行14m90cm(7間半)、梁間10m40cm(4間)で正面を半間の吹放しの庇があり、東面北寄りに桁行2m50cm(1間半)、梁間4m60cm(2間半)の突出部を附属する。寄棟造、茅葺。

主屋内部

主屋内部

主屋内部

主屋内部 板間

 納屋(明治後期建築)

納屋

倉(昭和22年3月建築)

蔵

井戸小屋(井戸本体は大正14年9月に整備)

井戸小屋

木小屋(薪を保管する場所)

木小屋

利用のご案内

開園時間

 午前9時~午後4時30分

休園日

  • 月曜日(休日に当たるときは、開園)
  • 休日の翌日(土・日曜日・休日に当たるときは、開園)
  • 年末年始(12月27日~1月4日)

旧高橋家住宅でのお願い

  • 火気を使用しないでください。
  • 喫煙はご遠慮ください。
  • 指定場所以外での飲食はご遠慮ください。
  • 竹木の伐採及び植物の採取はご遠慮ください。
  • 立入禁止区域に入らないでください。
  • 営利を目的とした撮影等はできません。

 根岸台市民センターにも展示コーナーがありますのでご覧ください。 [PDFファイル/135KB]

ボランティアの募集

 国の重要文化財に指定されている江戸時代の古民家「旧高橋家住宅」では、運営・管理などにご協力いただけるボランティアを募集しています。

 昔の武蔵野の風景を残した趣のある環境で、ボランティア活動をしてみませんか。

 1.ガイドボランティア

 来園者に旧高橋家住宅の歴史や建物などのガイドをしていただける方

 2.活動ボランティア

 畑作業・草花の育成・庭木の手入れ・体験学習の実施その他の活動をしていただける方

※植木のせん定等の経験のある方大歓迎です!

ボランティアは随時募集しています。登録制となっていますので、ご興味がおありの方、ご希望の方は文化財課までお気軽にお問い合わせください。

問い合わせ/朝霞市教育委員会文化財課文化財保護係
〒351-0007 朝霞市岡2-7-22(朝霞市博物館内)
Tel 048-463-2927
Fax 048-468-0079

交通のご案内

徒歩

 東武東上線 朝霞駅東口より約25分

バス

 国際興業バス 内間木行「根岸」下車徒歩7分
 市内循環バス(根岸台線)わくわくどーむ行「岡3丁目」下車徒歩3分

駐車場

 4台 駐輪場あり ※満車の場合は、隣の根岸台市民センターをご利用できます。

 住所

 〒351-0005 朝霞市根岸台2-15-10 (郵便物は文化財保護係にお願いします)

電話

 048-462-7067

朝霞市指定文化財一覧へ戻る

地図の読み込みに関する問題が発生したとき

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)