ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者

交通事故の損害賠償

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

 傷害事故のときの損害賠償は、(1)負傷によって休業した損害、(2)傷害によって労働能力が低下することによる損害などを計算し、これに治療費、入院雑費、看護費、通院交通費などの実費および被害者本人の精神的、肉体的苦痛に対する慰謝料、(3)傷害が治らず後遺症が残った場合、その程度により損害賠償をプラスして求めます。
 死亡事故の場合は、死亡に至るまでの入院治療費や葬儀費などは当然認められますが、本人および遺族への慰謝料や“被害者が生きていれば得られたはずの収入”も請求することができます。
 一方、物がこわされた場合には、修理代、または修理がきかないときにはそのものを買い替える値段、または減価計算による評価額が損害賠償額になります。